金型・部品加工業専門コンサルティング

金型・部品加工業専門コンサルティング(加工コンサル)は、金型メーカーや、マシニングなどの機械加工業を専門とする経営コンサルタント事務所です。

TEL.0566-21-2054

〒448-0853 愛知県刈谷市高松町5-85-2

【今さら聞けない】マシニングのバイス段取りの樹脂ハンマーの使い方

FAQ

【今さら聞けない】マシニングのバイス段取りの樹脂ハンマーの使い方

樹脂ハンマーの実践講習の風景

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回は、マシニング加工のバイス段取りにおいて、普段当たり前のように使っている、樹脂ハンマーについてです。

 

まず、良くない使い方とは、次のような状態です。

 

  • 狙った箇所に正確に当たらない、ばらつく。
  • 叩く力がばらつく。
  • ワークに当たると跳ねるような感触がある。

 

これらはいずれも、迅速に・精度良く、ワークを段取りするには悪影響を与えることです。

 

まずは、ワークを叩くことから見ていきます。

 

そもそもなぜ叩く必要があるのかですが、下図にあるように、ワークをバイスで締め付ける際、バイスの締め付けネジの中心軸の高さよりも、ワークの下面が上にある場合、締め付け力は前後方向だけでなく、上方向にも働き、バイスを締めれば締めるほど、ワークは上にもズレて上がろうとします。

バイスを締め付けた状態のワークの様子

特に油圧式バイスは、これが顕著に起こるようです。

 

そこで、この上がってきたワークを、ワークの下にあるパラレルブロックに押し当て、高さ方向の水平を確保するために、ワークの上面を下図のように叩きます。
バイスに締め付けたワークの上面を叩いている様子

今回テーマにしているのは、この時に使う樹脂ハンマーの叩きかたについてです。

 

正しい叩きかたを下図に示します。

樹脂ハンマーを真っすぐ水平に動かして叩く

このように、正しいハンマーの軌跡は、円弧を描くのではなく、地面と真っ直ぐ水平になるように叩きます。

 

したがって、ハンマーを持つ手の肘は若干開き、ハンマーから手、手から肘までが、真っ直ぐ伸びている方が、真っ直ぐ水平に叩きやすいと思います。

 

そして、ワークに樹脂ハンマーがヒットするときですが、ポイントは、当たったハンマーが跳ねないことです。

 

跳ねてしまうと、ワークがパラレルブロックにきちんと着いているか、判断しづらいうえ、叩いた荷重がワークにきちんと伝わりにくくなります。

 

音のイメージとしては、「コーーーン」、という感じでしょうか。

 

そうではなく、下図のように、「ビシッ」とハンマーがワークに当たったところで、ピタリと止まるのが正解です。

ワークに当たったらピタリと止める

次にワーク上面のどこを叩くかですが、真ん中だけを叩くのではなく、下図のように、左・右・真ん中の順に叩くことで、水平を保ちながら、ワーク下のパラレルブロックに水平に当たるように叩きます。
ワークの上面を叩く順番

このときの注意点としては、上図の①②の左右を叩く際、あまりワークの端っこを叩かないことです。

 

ギリギリ端っこを叩くことで、次のような問題が起こり得ります。

 

  • ワークが下に落とされるよりも、横に倒れようとする力が働き、ワークが傾く。
  • ワークの下にあるパラレルブロックの上面に、局所的な荷重がかかり、パラレルブロックを痛める可能性がある。

 

特に、ワークを横に倒そうとする力については、もっとも懸念すべきことです。

 

では、端っこがダメということであれば、どのあたりを叩いたらよいのでしょうか。

 

バランスが良いのは、下図のように、ワークの幅から、ワーク幅の20%のあたりが、倒れとか曲がりの起こりにくい位置の目安になります。

ワークの左右2割の位置を叩く

この2か所と真ん中を順番にかつ正確に叩き、またヒットしたらピタッと止め、ハンマーの荷重をしっかりとワークに伝えられるよう、しっかり意識しながら練習します。

 

コツとしては、思いっきり力を入れないことです。

 

このことは、金型の磨き仕上げにも言えます。

 

金型の磨き表面の美しさを出すには、いかに「均等な力で磨き続ける」かにかかっています。

 

磨きに関する文献には、4kgfほどの力で磨くと良いとされていますが、この力をいかに50回とか100回、均等に磨き続けていられるか、これがポイントです。

 

そのためには、100%の力ではなく、余裕を残して力をかけることです。無理に力を入れれば、その力はとたんにばらつき、均等になりません。

 

少し横道にそれましたが、この樹脂ハンマーの叩きも同様です。いかに3か所を正確に、かつ跳ねないようにビシッと止めるか、これは余力を残して、正確さを意識しながらやらないとできません。

 

このことからすれば、たまに、思いっきりハンマーを振り上げて叩く人を見かけますが、これが無駄で必要ない行為であるか、理解できると思います。

 

昔から、仕事のうまい人は、作業がスマートで、服を汚さない、と言いますが、もちろん職種にもよりますが、ある意味、当たっていると思います。

 

ぜひ「仕事がうまい」人を目指して、練習し、技術を習得してください。

 

 

※ 実際の加工においては、工具材種だけでなく、被削材の物性、機械剛性、工具の消耗状態、被削材のクランプ状態などの外的要因で、如何様にも状態は変化するため、実際の加工においては、自己責任のうえ、充分な確認・検証を行ったうえで、加工してください。

 

金型・部品加工業専門コンサルティング

技術コンサルタントshoei

代表コンサルタント:村上 英樹

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA