金型・部品加工業専門コンサルティング

金型・部品加工業専門コンサルティング(加工コンサル)は、金型メーカーや、マシニングなどの機械加工業を専門とする経営コンサルタント事務所です。

TEL.0566-21-2054

〒448-0853 愛知県刈谷市高松町5-85-2

個別受注の一品料理品が多い多品種少ロット生産の人材育成は、どうやったら良いですか?

FAQ

個別受注の一品料理品が多い多品種少ロット生産の人材育成は、どうやったら良いですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは、金型・部品加工業 専門コンサルティング、

代表コンサルタントの村上英樹です。

 

今回は、多能工化の人材育成の進め方についてです。

 

多能工化、・・・進めないといけないのはわかっちゃいるけど、なかなかうまく

進まないなぁ、という企業様は多くおみえなのではないでしょうか。

 

私自身、金型設計から機械加工、組み立て、トライ、外注手配や原価集計などもやっておりましたので、

今回は、私の実体験を元に、どうすれば進めやすいのかお伝えします。

 

結論から申しますと、指示書手配書が不要になるところから進めるのが良いと思っています。

なぜなら、多能工化のメリットの一つが間接コストの削減だからです。

 

例えば、次のような進め方があります。

  • 打ち合わせたついでに自分でレイアウト図を作成する。
  • 順送レイアウトを作図したついでに金型設計まで行う。
  • 部品バラシ図を作図したついでに加工データまで作る。
  • 加工データを作ったついでに機械(マシニング・ワイヤーカット等)の操作までやる。
  • 機械加工をやったついでに手仕上げ作業までやる。
  • 機械加工のついでに型の組み立てまでやる。
  • 型組み立てをやったついでにトライまでやる。

 

多能工化は、この「ついでに」がポイントだと思っています。

ついでに」そのまま自分がやることで、相手に情報を伝える手間と時間が省けます。

 

例えば、ちょっとしたカム機構の自作はよくやりましたが、カム本体やカムドライバーの部品図、

それぞれの寸法公差、焼き入れ部位の指示など、細かくサブアセンブリ図面を書いていると結構大変です。

 

自分の頭の中にある情報を、他人に伝えるとき、その必要な情報量は3倍以上になると思っています。

なぜなら、自分の中ではすでに処理されている「背景」と「目的」まで伝えないと、意図が伝わらないからです。

 

逆にここを省くと、相手には機械的に指示をすることになります。

多くの人材育成のミスマッチは、この「背景・目的」が省略されることによって起こっていると私は考えています。

 

例えば、ある部品に対し、

「ここにフレームハード(火炎焼き入れ)処理をしておいてね」と指示する場合、

単にこの言葉だけで指示をするのか、

または次のように

「この部位はカムの摺動面であり、強い偏心荷重もかかりやすい、

そもそも4ミリの厚板を部分トリムするので、

熱処理をかけた後、平面研を使ってガタつきのないクリアランスまで仕上げておいてね。

次もこういった部品があったら同じように考えて」と伝えることで、

指示を受けた人はその知識を次に活かしていくことができます。

 

話しが少しそれましたが、

図面を書いた自分がそのままデータ作成、機械加工まで行えば、細かな注意点も

全部自分の頭に入っているので、他の人に指示するよりもスムーズに作業に入れるわけです。

 

この瞬発力こそが間接コスト削減の決め手の一つとも言えます。

 

このように多能工化を進める時には、まず一つの作業が自分一人でできるようになって、

その「ついでに」作業でき、かつ指示書、手配書を作らなくて済む作業から意識して進めると

コスト面でメリットが得られやすくなります。

 

逆の発想ですが、もし工程間で手配ミス指示ミスが起こっている場合、書面の体裁がいくら整っていても、

伝わるべき意図や情報が正しく伝わっていないことが考えられます。

 

よく現場の手配書を拝見させていただくと、「これって危なくないか」と思うことが多々ありますので、ご注意ください。

 

それでは、多能工化の進め方、もしよろしければ参考にしてみてください。

 

金型・部品加工業 専門コンサルティング【加工コンサル】

代表:村上 英樹(中小企業診断士、元・プレス金型技術者)
愛知県刈谷市高松町 TEL 0566-21-2054

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA