金型・部品加工業専門コンサルティング

金型・部品加工業専門コンサルティング(加工コンサル)は、金型メーカーや、マシニングなどの機械加工業を専門とする経営コンサルタント事務所です。

TEL.0566-21-2054

〒448-0853 愛知県刈谷市高松町5-85-2

個別受注の一品料理品の納期遅れが蔓延しています。どうしたら良いですか?②

FAQ

個別受注の一品料理品の納期遅れが蔓延しています。どうしたら良いですか?②

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは、金型・部品加工業 専門コンサルティング、

代表コンサルタントの村上英樹です。

 

今回も前回に引き続き、一品料理品の生産管理の方法をお伝えします。

 

一品料理品で前倒し生産を行う際のポイントは、「納期で管理をしない」ことです。

その理由は、生産する順番を「納期優先」にすると、もっとも稼働率を上げられる日程計画が立てられなくなってしまうためです。

 

例えば、よく掲示板の日付カレンダーに図面を差し込む「差し立て板」による管理をしている会社様は、

早めに図面をもらっていても、納期がまだ先である場合、着手日程は後回しになっていませんか。

 

この場合、その納期直前に着手しようと思った頃には、すでに別の引き合いがドサッと

入ってきて、受注できない、納期が遅れる、といった問題が発生しやすくなっていると思います。

では、この納期がまだ先という仕事は、いつ着手するのが適切なのでしょうか。

 

これはやみくもに早く着手すれば良いわけではありません。前回、ご紹介した

「精度の高い工数見積もり」によって、日程計画の中の隙間時間にぴったり当てはめるのです。

 

例えば、ある部品を7.5時間で加工すると見積ったとします。これを朝から着手する計画を立てた場合には、

どんなに先の納期の物であっても、1.5時間や2時間と見積もった仕事がもしあったならば、

その7.5時間の仕事の後ろに、その1.5時間もしくは2時間の仕事を入れてください。

 

1個3.5時間と見積もった部品が3個あったら、それは1日の計画の中に入れてしまい、

厳しめの方針でいくならば、その後に1時間くらいの仕事を入れてしまうのもアリかもしれません。

 

私の経験上、3.5時間で見積もった仕事は、3時間などで終わるなど、もっと早く終わります。

やはり後ろに次の仕事が控えているからです。

 

しかしながら、やはりトラブルは発生します。そんなときは残業で対処します。
その日だけはパチンコを我慢していただきましょう。

 

「じゃ、時間の読めない仕事はどうするんだ?」

これは、私も経験があります。初めてやる仕事、薄肉の切削加工で送り速度を上げられない、

加工方向が多く段取り回数が多いといったような仕事では、正確な見積もり時間を計算しずらい場合もあります。

 

こんな時は、「引き算」で見積もりをします。

例えば、私の経験上、5軸でしか加工できない切削部品が過去何度もありました。

これを初めて加工する場合、正確に工数見積もりをするのは困難でした。

 

この時、私は自問自答しました。

「これはまる3日かかるのか?」・・・いや、そこまではかからないな。

「では、2日半か?2日やっても次の日の午前中くらいまでかかってしまうのか?」

 

・・・うーん、やっぱりそこまではかからない。

「では、丸2日?」・・・いや、1日とあと半日では辛いと思うが、丸2日まではかからない

と思う。初日は朝から着手し、その日、2、3時間残業して、翌日午後15時くらいまでなら終わっているはず。

夜間無人加工もかけられる箇所もあるし。

 

このように、時間が読めない仕事は「引き算」で工数見積もりを行い、日程計画に当てはめます。

 

この時、無理に厳しく予定を詰め込む必要はありません。時間が読めなければ、

「いくらなんでもここまでなら終わる」という時間で見積もれば良いです。

その工数で毎日の日程計画に当てはめてください。

 

仮にもし早く終ってしまえばラッキーです。空いた時間ができれば、そこにまた前倒し生産を行うだけです。

もっとも良くないのは、時間が読めないからと言って、日程計画を立てること自体を、工数見積もりをやらないことです。

 

ある程度、安全をみた計画を立ててみて、もし納期遅延になりそうな部品がありましたら、

納期交渉をするなど早めに手を打つことです。これも計画を立てる、前倒し生産を行うことで見えてくることです。

 

このように、

①精度の高い工数見積もりをする

②その工数(標準時間)で小日程計画を立てる(差し立て)

③どんなに先の納期のものであっても隙間時間に前倒し生産を行う

④前倒し生産ありきで負荷を平準化する。余力があれば受注を増やす。

これらの手順によって、売上と利益を増やすことができます。

 

もし御社が、多品種小ロット・一品生産を行う企業様でしたら、ぜひとも取り組んでみてください。

私はこの方法で稼働率を上げることができ、今もコンサルティングの手法として活用しています。

 

金型・部品加工業 専門コンサルティング【加工コンサル】

代表:村上 英樹(中小企業診断士、元・プレス金型技術者)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA