金型・部品加工業専門コンサルティング

金型・部品加工業専門コンサルティング(加工コンサル)は、金型メーカーや、マシニングなどの機械加工業を専門とする経営コンサルタント事務所です。

TEL.0566-21-2054

〒448-0853 愛知県刈谷市高松町5-85-2

純チタン2種(TB340)の切削加工の見積もりはどうしたら良いですか?

FAQ

純チタン2種(TB340)の切削加工の見積もりはどうしたら良いですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「純チタン2種の切削加工の見積もりはどうしたら良いですか?」

先日このような相談を受けました。その際にご回答した内容をまとめてみました。

 

やはり、チタンと聞くと、エンドミルや旋盤加工したら「キーキー」なのかな?と思ってしまいますよね。

チタンと言っても、さまざまな種類があり、俗に言う、硬くて削りにくい「チタン」は、チタン合金、特に「6アルミ4バナ」と呼ばれる、Ti-6al-4vなどを言います。

 

ではさっそく、今回ご質問いただいた、純チタン2種(TB340)の機械的性質を見てみます。

 

引張強さ(MPa) 400以上

耐力(MPa) 215以上

伸び% 23以上

※あくまで参考値ですので、正式な数値は別途公的な機関で調査ください。

 

では、S50Cはどうかというと

引張強さ(MPa) 600以上

耐力(MPa) 360以上

伸び% 18以上

※あくまで参考値ですので、正式な数値は別途公的な機関で調査ください。

 

我々がよく切削加工する機会の多い、S50Cと比較すると、このような感じです。

どうでしょう。

 

引張強さと耐力は、むしろS50Cの方が強いくらいで、機械のロードメーターは、こちらの方が大きく振れそうです。

 

ただし、伸びは、純チタン2種の方が伸びますので、

断続切削のフライスとは違い、連続切削になる旋盤加工は、

切りくずが折れにくいので、つながりやすく、いわゆる「ねばい」といった現象が出そうです。

切りくずが折れる・切れる、ブレーカや刃先の工具を使った方がよさそうです。

 

ところで、とにかく削りにくいと言われる、Ti-6al-4vの材料特性はどうでしょうか。

時効処理する前の状態で、

 

引張強さ(MPa) 980以上

耐力(MPa) 920以上

伸び% 14以上

※あくまで参考値ですので、正式な数値は別途公的な機関で調査ください。

 

数値データをみても、純チタン2種とは、同じチタンの名を冠していても、性質が異なるようです。

 

したがいまして、工具カタログに、「チタン」と書いてはいても、何の種類のチタンなのか、しっかり把握することが必要です。

 

また、技術者として、数値データを元に、どういった機能を持つ工具が必要になるのか、考えて選択したいものです。

 

間違っても、「チタン向けの工具よろしくね」と、代理店にお任せしてしまうのは、なるべくやめましょう。

 

 

それと、こういった未知の材料の切削加工の見積もりは、リスクを感じるものですが、

こうした数値データを元に、よく扱う材料、たとえば、S50Cを基準に1.2倍するとか、1.5倍するといったように、

普段の実績から係数計算するという方法がやりやすいと思います。

 

金型・部品加工業専門コンサルティング

代表コンサルタント:村上 英樹(加工コンサル)

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA