金型・部品加工業専門コンサルティング

金型・部品加工業専門コンサルティング(加工コンサル)は、金型メーカーや、マシニングなどの機械加工業を専門とする経営コンサルタント事務所です。

TEL.0566-21-2054

〒448-0853 愛知県刈谷市高松町5-85-2

仕事の教え方

新企画の第2回。続きを更新しました。市販専門書の内容をCAEソフトで実践検証。

修正したブランク形状のフランジ曲げ後

当事務所で行っている、市販専門書を使った研修ですが、その一端として、記載内容をシュミレーションでの検証をやっています。

まず最初は、日刊工業新聞社から出版されている「プレス加工のツボとコツQ&A」(著者:吉田弘美 著 出版社:日刊工業新聞社 出版年:2008)を、取り上げています。

第2回目を更新しましたので、こちらからご覧ください。

新企画。市販専門書の内容をCAEソフトで実践検証。

板厚のコンタ表示

当事務所では、市販専門書を使った研修をおこなっておりますが、その一端として、記載内容を動的に説明するため、プレス板成形において、実際にどのような途中経過で加工されていくのか、シュミレーションで検証してみることにしました。

まず今回は、日刊工業新聞社から出版されている「プレス加工のツボとコツQ&A」(著者:吉田弘美 著 出版社:日刊工業新聞社 出版年:2008)を、取り上げています。

順次、更新していきますので、もしよろしければ、こちらからご覧ください。

経営者・管理者向け研修プログラム「加工のわかるマネージャー研修」を行っています。

 

多くの企業さまからリクエストをいただきまして、昨年から「加工のわかるマネージャー研修」を行っています。

 

具体的には、マシニング加工の経験のない中間管理職や経営者様向けに、現場作業者に対して、改善の切り口を与え、指示ができる知識をもってもらうための研修プログラムになります。

 

こちらの研修はポリテクなど行政の研修機関とは異なり、加工実習や技術知識を地道に勉強するというものではありません。

 

あくまで、現場作業者に「改善」を指示できるようになっていただくため、何を切り口としたらよいか、どう指示を与えたらよいか、それを学んでいただくための研修です。

 

ここ最近、金型メーカーや機械加工業では分業化が進み、マシニング加工を経験していないまま、課長や部長などの管理職に就いたり、営業を中心にやってきたまま社長職を継いだという経営者様が多くおられます。

そのため、現場作業者に指示・命令を与えるとなると、その細かな技術までよくわからないため、反発を受けたり、まともに話しを聞いてもらえないといった状況が多くみられます。

 

このプログラムは、まずマシニング加工において、そうした状況を打破していただくための、管理職や経営者様向けの研修になっております。

 

研修時間ですが、忙しいマネージメント業務を行っている方々向けですので、1回あたり2~3時間の研修を、3~5回で行うスケジュールになっております。もちろん、それ以上の時間も対応は可能です。

 

費用については、こちらのページの内容に準じますが、もしどうしても、国や県の専門家派遣制度をお使いになりたいという場合は(主に中小企業が対象)、その都度ご相談ください。

 

具体的な研修の内容についても、ぜひお気軽にお問い合わせください。