【WEB上で5Sパトロール】金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!(第3回)

目次

金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!(第3回)

金型メーカーや機械加工メーカーの製造現場や事務所を見て回る「5Sパトロール」を、WEB上で仮想的に行う企画、

「【WEB上で5Sパトロール】金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!」

今回は第3回目になります。

それでは、前回のおさらいも踏まえながら、早速見ていきましょう。

今回はミーリングチャックの保管状況から見ていきます。

金型・部品加工メーカーの5Sの現場事例_1

これは前回までのおさらいになります。

こちらもよく見かける状況ですが、何がいけないのでしょうか?

これは硬い金属のミーリングチャックどうしが当たって、打痕やすり傷などがつきやすい状況になっていることです。

普段から100分台の加工精度を狙って仕事をする加工現場においては、あってはならない状況です。気を付けましょう。

では次を見ていきましょう。

金型・部品加工メーカーの5Sの現場事例_2

こちらは何がいけないのでしょうか?

これもよく見かける風景ですが、材料などを運搬する台車について、使用中についても、使用していない時についても、定位置が決まっていないことです。

特に使用しないときは、きちんと定位置を定め、台車の周りにL字の区画線を入れ「定置化」を行いましょう。

また、使用中で工作機械の近くに台車を置いておく場合でも、今回の写真のように無造作に放置しておくと、いかにも5Sが良くないという職場に見られ、品質や納期管理が甘い現場なのではないかと思われてしまいます。気を付けましょう。

では、次です。

金型・部品加工メーカーの5Sの現場事例_3

これも前回からのおさらいですね。

ツッコミどころ満載ですが、最も良くないことは、デプス測定具が、工具などに埋もれ、キズがついたり曲がってしまいそうな状態で保管されていることです。

お客さまが来る工場見学などで、このような状況を見られたときには、とてもこの加工現場で、精度の良い部品が作られているとは絶対に思われないでしょう。

ちょっとした手抜きが会社にとって大きな痛手をこうむることになりかねません。気を付けましょう。

また、写真にあるドリルやエンドミルなどの工具も、キズや変形のもとになるような無造作に入れた保管の仕方になっていますので、これは絶対にやめましょう。

では、次です。

金型・部品加工メーカーの5Sの現場事例_4

一見、きれいに箱に入れられてるように見受けられますが、これは何がいけないのでしょうか?

答えは、ここから必要となる直径のドリルを探そうとすると、ムダに時間が多くかかるということです。

次の写真も同様です。

金型・部品加工メーカーの5Sの現場事例_5

こちらも一見、きれいに箱に入れてられているようですが、ここから使いたいドリルを探そうと思うときには、いちいち時間をかけて探すことになりそうです。

こうした工数に直結する症状の5Sは、最も優先的に改善に取り組むべきです。

今回最後は、見た目だけでなく、効率性などにも影響する内容を見ていきましたが、次回はステップアップして、5S上級者が目指す「管理された状態」について触れていきたいと思います。

今回もお付き合いいただき、ありがとうございました。

引き続き、よろしくお願いいたします。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

「金型メーカー・機械加工業のための自己診断ハンドブック」が発売されました!

自己診断ハンドブックの販売

私がコンサルティングの初回訪問時や、無料診断サービスにおいて、訪問先企業の製造現場で確認する項目を解析付きで紹介しています。

金型メーカーや部品加工メーカーに皆さまに、自社をセルフチェック自己診断)するために使っていただければと思っております。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

CAMや設計パソコン用のデスクトップ壁紙を販売いたします

当事務所のコラムを読んでくださっているユーザー様へ、日ごろのご愛顧の感謝を込めて、CAMや設計でお使いになられているパソコン用のデスクトップ壁紙を販売させていただきます。

今回の壁紙は、お忙しい皆さまに、後工程へアウトプットする直前にお使いいただくチェックシートとしてご活用いただけます。

デスクトップ壁紙は、以下の4種類があります。

金型・部品加工業専門コンサルティングの壁紙

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる