【考察】図面が現場の加工効率や品質に影響を与えてしまった事例

図面が現場の加工効率や品質に影響を与えてしまった事例

【考察】図面が現場の加工効率や品質に影響を与えてしまった事例

3次元CADと2次元図面の指示内容のギャップが招いた問題

今回は、とあるプレスメーカーの金型内製部門での事例です。

この内製部門での金型設計は、3次元CADを使って設計していますが、現場には、3次元モデルから三角法で投影し、そこに寸法を書き込んだ2次元の組図と部品図を作図して提供しています。

今回のテーマは、そこで起こった問題についてです。

具体的には、3次元でモデリングした金型部品について、インローのはめ合いになる部位や、摺動する部位の加工公差について、CADモデルでは正寸でモデリングし、必要に応じてマイナス側公差やプラス側の公差を、2次元図面の方で数値で指示していました。

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次