目標が課せられるから、課題が生まれる

目次

製造現場に目標が課せられるから、課題が生まれる

今回のテーマは、「製造現場に目標が課せられるから、課題が生まれる」です。

私がコンサルティングしている会社には、ある対応によって2種類に分かれます。

一つは、「とにかく何でもいいから、自社のやり方に問題がないか見つけてくれ」という会社です。

もう一つは、「もう出来ています。ウチは問題ありません。」というスタンスで、何も質問をしてこない会社です。

この違いはどこから生まれてくるのでしょうか。

ハードルが高いから、今出来ていないことは何かを意識する

これは製造現場に「目標」が与えられているかどうかで違いが生まれます。

例えば、月次や半期、年度ごとの売上目標が与えられていれば、加工担当者としては仮に納期に余裕があっても、早く終わらせて次の仕事に着手していかないと、実績の売上額が積み上がらず目標を達成できません。

また別の例で、利益目標が与えられていれば、これも納期に余裕があっても加工を早く終わらせないと、工賃分の原価がどんどん積み上がってしまい、案件ごとの利益が上がってきません。

したがって、適切な目標を与えられていない製造現場では、「納期にさえ間に合えばいい」「要求品質のモノを作れば問題ない」といったような、損益意識のない仕事ぶりになってしまうというわけです。

こうした目標が与えられていない状況の中では、会社や部門の損益の実態を知っている経営者事業部長が何とか収益を改善しようと、現場にゲキを飛ばしても、なかなか本人たちは自覚できませんし、外部のコンサルタントがヒアリングや現状把握をしようとしても、現場の担当者は「もう出来ていますのでウチは問題ありません。」といった逃げの態度になるわけです。

一方、前年度よりも高い売上や利益目標を課せられた製造現場は、それどころではありません。

現有の戦力(人員・設備)で、売上や利益を達成しなければいけないため、何か人の手を省けることや、一つでも多くのワークを乗せられる加工の仕方などを必死で質問してきます。

もちろん必要であれば設備投資も検討しますが、利益目標の達成と言う点で言えば、それだけ固定費が増えますので、積み増ししなければならない売上額のハードルが上がります。これを踏まえた中での目標を与えられている製造現場は強いと思います。

もちろん、その常に高くなるハードルを乗り越えた見返りを、適切に与えている会社の社員さんのモチベーションは高くなり、社内に好循環が生まれているというわけです。

望ましい目標の与え方とは

これを読んでいただいているような意識の高い御社の製造現場は、適切な目標が与えられていると思います。

現場が「現状に問題が無い」と思っていれば、現状のやり方のまま、やり方を変えずに作業している方が当然に楽です。

また、コンサルタントに問題箇所を指摘されることは、かえって今の評価を下げることになり、マイナス評価になってしまうと捉えます。

段階的に高い目標を与えられている製造現場では、今のやり方のままでは成果が上がらないこともあり、一時的なマイナス評価を恐れずに、私のようなコンサルタントに「何でもいいので着手できることを教えて欲しい、他社と比べて良くないところを教えて欲しい」と言ってきます。

私はどちらのスタンスの会社にも訪問しておりますが、もちろん後者の製造現場の方がモチベーション、業績共に高いです。

最後に目標の与え方についてですが、その目標の与え方にも上手い下手があります。

目標の与え方が下手な会社は、現場が定量的に目標を認識していません。

定量的な目標というのは、例えば、次のようなものを言います。

  • 今期の機械稼働率40%を50%に上げなければいけない
  • 平均実績チャージを4,500円から5,000円に上げなければいけない
  • 今期の金型受注面数を60型から70型にしなければいけない

このように、「定量的」とは、「何をどれだけやる」という目標が数字で表されることです。

こうした具体的な目標を与えられずに、目標の与え方が上手くない会社では次のような目標の与え方をしています。

  • 少しでも多く金型を受注しなさい
  • 外注費をできるだけ減らしなさい
  • 部門収益を黒字にしなさい
  • 人をできるだけ減らしなさい

と言ったように、「何をどれだけ」がわからない目標が与えられ、結果現場では「何のこっちゃ」とシラケた状態になりがちです。

まとめ

実際に私は、目標が与えられている企業とそうでない企業、両方のコンサルティングを行っており、たしかに現場への目標の与え方が上手い会社さんのコンサルは楽です。

ですが目標が与えられず、現場がのんびりとした雰囲気の会社さんのコンサルでも、手を抜ける作業を見つけてあげるとか、作業者のモチベーションに頼らない提案をしています。

そうは言いましても、人間の体でも本当に悪くなるまでなかなか病院に足が向かないのと同じで、数値的に今の病状の悪さ具合が分からないと、人はなかなか動けないものです。

これを読んでいただいている会社さんもぜひ上手な目標の与え方を実践して、現場のモチベーションを引き出していただければと思います。

参考になれば幸いです。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

   

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

CAMや設計パソコン用のデスクトップ壁紙を販売いたします

当事務所のコラムを読んでくださっているユーザー様へ、日ごろのご愛顧の感謝を込めて、CAMや設計でお使いになられているパソコン用のデスクトップ壁紙を販売させていただきます。

今回の壁紙は、お忙しい皆さまに、後工程へアウトプットする直前にお使いいただくチェックシートとしてご活用いただけます。

デスクトップ壁紙は、以下の4種類があります。

金型・部品加工業専門コンサルティングの壁紙

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

目次
閉じる