【金型加工の原点】当事務所のコンサルタントが29年前初めて入った担当作業

目次

当事務所のコンサルタントが29年前初めて入った担当作業

私が29年前(平成31年4月現在)、あるプレス金型メーカーに入社して、初めて担当した作業が、図にあるような倣い加工機です。

先日、あるプレス金型メーカーを訪問させていただいた際に話題に出たので、このことについて書いてみたくなりました。

当時勤めていた会社では、まだ3次元データ加工というものはまだ無くて、下図の右側にある木型モデル、またはそこからとった反転モデルである石膏を使い、左側にある金型素材となる鋼材を同じ形に削り出す、倣い加工によって、製品形状を削り出しておりました。

倣い加工機の図

この倣いの仕組みはとても面白くて、セッティングに結構悩まされます。

というのは、右側のモデルをなぞるスタイラスと呼んでいた棒状のピンですが、このピンは一定の力でモデルに触れ続けないといけません。

ですから、自分が設定する分だけ、このスタイラスがわざと倒れるように設定します。

例えば、0.1ミリとか0.2ミリとか。

そのレンジの分だけスタイラスが倒れ、左側の切削工具は、その分だけ余分に多く切削することになります。

当時、その概念を理解するのに少し苦労しました。

さらにプレス金型は、「板抜き」という考えがあって、上型と下型で素形材をプレスする際、製品の板厚分が、隙間として目的形状の形で上下の金型の間に空いてなければいけません。

ですから、上型か下型のどちらかに板厚の分だけ、余分に大きく削り込まないといけない。

そこで、右側のモデルに触れるスタイラスと、左側の切削側に取り付ける切削工具(エンドミル)の直径に違いをつければ、モデルよりも指定した分だけ大きさをオフセットした金型形状が出来上がります。

なんと素晴らしい機械でしょうか。

現在、倣い加工機は、リバースエンジニアリング、古い金型を復元する用途で使われているようです。

たしかに木型も図面も無くなってしまった古い金型は、3次元CADによるモデリングでは再現することができませんから。

この倣い加工機は、プレス金型の考え方を踏襲した素晴らしい機械だったと改めて思いだしました。

   

   

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

   

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

【期間限定】専門プロによる無料の現場診断サービス

「うちもいっぺん見てもらおうか」
御社の製造現場を、金型・部品加工業専門のプロ・コンサルタントの目線から一度、無料の健康診断を受けてみませんか?
詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

   

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

目次
閉じる