転職のススメ???

目次

転職のススメ???

こんなタイトルを書くと、日ごろお世話になっている金型メーカーや部品加工業の経営者さんに怒られてしまいそうですが、実際のところはどうなのか、書いてみたいと思います。

金型メーカーや部品加工メーカーの経営者や管理職の方々から見て、この業界の離職率はやはりそこそこ高いとの認識があると思います。

そもそも「ものづくりが好きで」という動機で、この業界に入ってくる人も今は少ないと思います。給与面や待遇面、通勤距離、自己適正などを考慮した結果、行きついた先が金型メーカーや部品加工メーカーだったという人も多いと思います。

実際、コンサルタントの私のところにも、離職率の高さについて、企業のお悩みを聞くことが多々あります。

さて実態はどうなのか。私は仕事柄、離職される会社側・転職先になる会社側、いずれも見ておりますので、そこを踏まえた状況で申しますと、

たしかに、マシニングセンターや放電加工などの経験者が、転職先で「神」扱いで優遇されるという転職天国のような会社は存在しています。例えば、そこそこ儲かっている成形メーカーで、立ち上がったばかりの金型内製部門などに転職した場合などです。

一方、その「神」扱いとなった転職者が元々いた会社で「神」扱いレベルだったかというと、複数いる経験者の中で平均的なレベルの加工者だったという場合があります(実際私から見ても、それほど飛びぬけてすごい知識と技能でなかったりします)。

さて、転職先となった会社では、そもそもそういった技術者を社内で育てられなかったのかという議論はありますが、転職者が元いた会社では、その平均的になっている作業者の離職をどう食い止めるのか、待遇面をどう改善していくのか、という議論が出てきます。

実際のところ、「神」であるか、そうでないかという違いがあるわけですから、その人の需要・市場価値には明確な違いが出てきます。

ところで少しグローバルな話になりますが、先日選挙前にテレビで、一向に給料単価が上がらない日本の労働者と比べて、アメリカの労働者は、リーマンショックなどの急激な変化点は別として、過去から堅調に上がっているという話がありました。

この原因について、日本は雇用を守るために、苦境に立たされている企業に雇用調整助成金など補助することで企業の倒産を防ぎ離職率を上げない方策をとる、一方、アメリカは苦しい企業を助けるよりも、失業した人を儲かっていて人手が足らない企業へ転職を促す方策を取る(雇用調整助成金よりも失業保険を手厚くする)とのこと、儲かる企業をより活かす、だから経済が回り、そこで働く人の給料が上がる、というロジックとのことでした。

この話をテレビで見た時、複雑な心境でした。

まさにこの話は前述した、今の会社では平均的な扱いになっている作業者が、会社としては儲かっているが局所的に同業他社以下のスキルになっている部署がある会社へ転職することで、個人の給与を上げることと、とても似ている話だと思ったからです。

グローバルに日本経済の視点で見ると、たしかに、法人税をもう何年も払えていない経営的に厳しい企業で労働者が働くよりも、しっかり儲かっている会社に労働力が投入される方が経済が潤うという考えもあります。

ただ一労働者の視点で見た時、ともに儲かっている会社どうしの間で、待遇の違いにより、転職という形で労働力が移動するのは、これはある種の企業間のリソースの奪い合い、競争の論点になると思います。

そう考えると、企業としては、人材育成ということで、部門全体のスキルの底上げを図るのですが、全員が一定の力量にUPしたとき、それはそれで、その部署にいる人のスキルに相対的な差が少なくなるということであって、働く人個人個人としてはアピールポイントが目立たなくなるわけです。

そこで活動的な人は、待遇のいい転職先を見つけて、自分を高く買ってくれるところを見つけて転職をするわけです(労働移動が起こる)。

これは先ほど私がテレビで見たというアメリカの労働者の給料が日本よりも高いというロジックに近いものがあります。

金型メーカーや部品加工メーカーのコンサルタントとして仕事をしている私の立場から、タイトルである「転職のススメ」とは決して言えませんが、一日本人として複雑な心境です。

また、中途採用者を全く使わない大手メーカーの技術継承の薄さも、私は目の当たりにしていますので、益々複雑な心境です。

やはり離職者を出さないためには、仕事環境・仕事の内容・評価・報酬、社員が求めるいずれかにおいて、同業他社に負けない改善をしていかなければならないのでしょう。

もう一つ、冒頭に書いた「転職天国」のような会社はたしかに存在していますが、そこに転職した「神」扱いとなった人の全員が成功しているわけではなく、アドバンテージとして持っていたスキルを全て見せてしまった後、結局他の社員と同じ扱いに成り下がってしまったというケースも見ていますので、やはり「神」扱いとなったとしても、逆にその会社の業務で自分が持っていないスキルを会得していくなど、継続して自分の付加価値を高める努力は必要だと思います。

今回は直接「参考になれば幸いです」というテーマではないかもしれませんが、それでも参考になれば幸いです。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

「金型メーカー・機械加工業のための自己診断ハンドブック」が発売されました!

自己診断ハンドブックの販売

私がコンサルティングの初回訪問時や、無料診断サービスにおいて、訪問先企業の製造現場で確認する項目を解析付きで紹介しています。

金型メーカーや部品加工メーカーに皆さまに、自社をセルフチェック自己診断)するために使っていただければと思っております。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

ミドルマネジメント層向け人材育成セミナーのレジュメを販売いたします

セミナーレジュメの表紙

ミドルマネジメントの人材育成のテーマで、講演をさせていただいた際に作成したレジュメ(当日映写したパワーポイントファイルと同じものです)を販売いたします。

日程や生産管理、品質管理だけが幹部・管理職の仕事ではありません。儲けるためのマネジメントが必要です。

そういった視点や意識を持ってもらうためのきっかけとしてオススメの一冊です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる