・・・やっぱり社内に一人はいるとうれしいVB使い

社内に一人はいるとうれしいVB使い

・・・やっぱり社内に一人はいるとうれしいVB使い

【コラムの概要】
私のコンサルティングでは、マシニング加工においては、昼間と夜間で加工条件を変え、昼間は一つでも多く加工するといったメリハリある加工に取組んでもらっていますが、CAMで加工データを作っている場合その運用の難易度は高いです。その一つの手段としてS値とF値を変換するアプリを作ることがあります。そのために利用するのが、今回のタイトルにあるVB(ビジュアルベーシック)、プログラム言語です。このコラムでは、そういったプログラム言語を活用して改善を行う事例を紹介しています。

私のマシニング加工現場でのコンサルティングでは、多品種同時多数個かけや、差し立て(小日程計画)による前倒し生産などの上級レベルの取り組みができたら、さらに次の最上級レベルの取り組みとして、昼間の有人加工と夜間無人加工で加工条件を変え、夜間は安全運転、昼間は最速の加工で一つでも多く加工するといった、メリハリある加工に取組んでもらっています。

ただし、この昼夜の加工条件の切り替え、マシニングセンターの対話ソフトを使っている場合は、それほどでもないのですが、CAMで加工データを作っている場合には、この運用は一筋縄ではいきません。難易度は高いです。

その一つの手段として、すでにポスト出力しているNCデータを、CAMオペレーターではなく、機械オペレーターの方で、S値とF値を変換するという方法があるのですが、そのための変換アプリを作ることがあります。

その変換アプリを作るために利用するのが、今回のタイトルにあるVB(ビジュアルベーシック)、プログラム言語です。

ただ、アプリを作るプログラム言語は無数に色々あり、それこそ他に何でもいいのですが、VBは、よくVBA(Visual Basic for Applications)といって、EXCELマクロを実行する言語などで使われていますので、使っている人も多いです。私もその一人です。

このプログラム言語を、NCプログラムの中のS値とF値を変換するための自動アプリを作るために使うというわけです。

例えば、安全重視の夜間加工用の加工条件を、かっとび仕様の昼間有人加工用の条件に変換したりします(もちろん変更箇所が少ないNCプログラムでしたら手で変更しても全く問題ありません)。

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次