【今さら聞けない】金型メーカー・機械加工メーカーにおけるノウハウって何?

加工のノウハウとは何か
目次

【今さら聞けない】金型メーカー・機械加工メーカーにおけるノウハウって何?

今回はこれもお手伝いさせていただくことが多い、金型メーカーやマシニング加工メーカーさんで話題になる、社内マニュアルや標準書などにアウトプットするときの「そもそもノウハウって何?」というテーマです。

まず初心者に向けたマシニングやCAM作業のオペレーター教育については、基本的な操作は販売メーカーやサポートセンターなどが行う初期教育・導入教育に任せるのが良いと思っています。

したがって、社内でマニュアルにしたり標準書に残す、共有化しなければならないノウハウというのは、メーカーのサポート教育では教えてもらえない、自社で独自に編み出したやり方ということになります。

それが、金型メーカー・機械加工メーカーにおける「ノウハウ」だと思っています。

例えば、内容的には大したことではありませんが、下図のようなオープンポケットの加工において、CAMの初期教育では、「ポケット加工」の機能説明に続き、開形状があった場合のオープンポケットの機能を使うことを薦められると思います。

ポケット加工機能で出したパス

しかし加工工数を考えると、使用する工具や溝のサイズによっては、下図のようにプロファイル加工(輪郭加工)を使って加工した方が、工具軌跡の総距離は短くなり効率的です。

輪郭加工の機能で出したパス

これはCAMのサポート教育では一般的に教育されない、CAMが持っている機能をアレンジしたやり方であり、こうした応用技を社内標準として共有化していくべきです。

一方、基本的なポケット加工の機能そのものの操作の仕方については、CAMのサポートの導入教育や取り扱い説明書に任せておけば良いということになります。

その他、CAMの事例では、加工方法と合わせてこのようなノウハウ化した事例もあります。

素材の中で、切削する箇所がいくつか複数点在するような加工品の場合、それぞれ加工する箇所において、荒取り⇒仕上げ、荒取り⇒仕上げという順で進めていくことがあるかと思いますが、加工のセオリーからすると、それぞれの箇所を全て荒取りしてから、改めて全ての箇所を仕上げ加工していくのがセオリーだと思います。

理由は、荒取り⇒仕上げ、荒取り⇒仕上げと進めていくと、最後の方に行う荒取り加工によって、すでに仕上げ終わった部位に加工歪みが起こり、その部位の寸法精度が狂う可能性があるためです。

もちろん、どの工程を選定するかは加工する部品の必要精度にもよります。

一方、特に最近のCAMは、荒取りと仕上げ加工が一つのジョブとしてパッケージ化されているものがあり、ますます初心者にとっては、荒取りと仕上げを一緒に続けて行うものだと刷り込まれやすい状況にあります。

したがってこういった精度に配慮した手順は、社内の「ノウハウ」として標準化し、共有するために書面やデータベースなどに残すべきです。

その他に、過去にノウハウ化されたものを挙げますと、例えばCAMを使った3D加工においては、深い壁面の仕上げ加工は走査線加工を応用したバーチカル加工(突き加工)によって仕上げるとか、平面部でラジアスエンドミルを使って仕上げる際、荒取り加工のジョブをアレンジして使うなどの事例がありますが、これらは各企業さんの独自技術になるのであまり多くは書けません。

要はこれらの事例のように、CAMや機械メーカーが意図している本来の使い方ではなく、自社でアレンジした使い方や加工方法については、それらを自社のノウハウとして残していくべきということです。

会社さんによっては、アレンジして生み出した手法が属人的になっており、特定の作業者しかやっていない方法とか、作業者ごとにやり方がバラバラといったところもあります。

こうした状況は、出来栄えの品質にバラツキが出やすいだけでなく、原価やリードタイムに違いが出るという問題があります。

加工や金型の仕事はやはりビジネスですので、モノができれば良い・納期に間に合えば良い、というものではありません。

狙いどおり、きちんと見積もった原価どおり(もしくはそれよりも安く)モノができてはじめて「仕事(ビジネス)」だと言えます。そこに作業者ごとに違いがあるのは本来望ましくありません。

ぜひビジネスとして会社が儲けていけるよう、会社の「資産」とも言える自社のノウハウを共有化・標準化していきたいものです。

参考になれば幸いです。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

「金型メーカー・機械加工業のための自己診断ハンドブック」が発売されました!

自己診断ハンドブックの販売

私がコンサルティングの初回訪問時や、無料診断サービスにおいて、訪問先企業の製造現場で確認する項目を解析付きで紹介しています。

金型メーカーや部品加工メーカーに皆さまに、自社をセルフチェック自己診断)するために使っていただければと思っております。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

ミドルマネジメント層向け人材育成セミナーのレジュメを販売いたします

セミナーレジュメの表紙

ミドルマネジメントの人材育成のテーマで、講演をさせていただいた際に作成したレジュメ(当日映写したパワーポイントファイルと同じものです)を販売いたします。

日程や生産管理、品質管理だけが幹部・管理職の仕事ではありません。儲けるためのマネジメントが必要です。

そういった視点や意識を持ってもらうためのきっかけとしてオススメの一冊です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる