【ストーリーで学ぶ!金型・部品加工業の管理職の育成ルーム】 第5話 リーダーに必要な素養とは?(3)マネジメントと問い合わせは異なる

目次

第6話 マネジメントと問い合わせは異なります

今回は、私が訪問先の企業に滞在しているときに耳に入ってくる、そこで働く社員さんのやりとりについて疑問に思っていることを題材に、管理職の方に必要な素養についてまとめてみました。

その疑問に思う事とは、「マネジメント問い合わせ異なる」と言うことです。

これは何かと言いますと、私がクライアント企業さんに滞在しているときによくあるシチュエーションとして、私が社長さんと話している最中などで、少し離れた場所にいる管理職の方、例えば部長さんや課長さん、係長さんというパターンもありますが、その管理職の方に、部下の人が次々と話しかけてきて、質問攻めにあっている状況があります。

その状況を見た社長さんが、「うちの課長は頼りにされてるなぁ、さすがだ!」と太鼓判を押しているような状況です。

それはそれで管理職としての評価を決めるのは社長さんですし、頼りにされることは「頼りがい」があるという点では良いことなのですが、私が疑問に思うことはその質問攻めになっているその「質問」の中身についてです。

問い合わせの内容とは

そのやりとりを聞いていると、主に次のような問い合わせでつかまっていることがあります。

なおこの事例では、管理職の人はプレーイングマネージャーとしてCAMオペレーターもやっています。

  • 自分が出力したNCデータで部下がマシニング加工をしたが、寸法精度が出きらなかったので、寸法補正したNCデータを再度出し直してほしいと言われる。
  • 加工途中のワークを、一時どこかに仮置きしたいが、その置き場所を教えてほしいと言われる。
  • 3次元CADが使えない組み立てや保全の担当者から、部品の組み立て状態をCADで見せて欲しいと言われる。
  • 前加工のあった部品のマシニング加工を行うにあたり、クランプ方法や掴み代、ワークの向きなどを機械オペレーターから質問される。
  • すり合わせ調整のある部品について、後工程の仕上げ担当者から、どこにどれだけのすり合わせ代を付けたか問い合わせを受ける。

オペレーションの一部になっているのはマネジメントではない

これらの問い合わせ内容を見ると、必ずしも管理職が受けなければならない報連相ではないことがわかります。

これらはあくまでオペレーション一部であって、管理職が行うべき仕事の中で最も重要な「ジャッジ」ではありません。

そう、このジャッジこそが、管理職の人に最も要求される業務になります。

一般的に、上に立つ人ほど、先を考えて仕事をすると言います。

例えば、

  • 経営者:半年先~翌年以降、5年先、10年先など
  • 部長:翌月以降~期末まで、来年以降など
  • 課長:今週・翌週・翌月、半年先など
  • 現場作業者:当日・今週・翌週など

などです。

例えば、翌期以降のことを考えて仕事をする経営者や部長さんたちは、今現在だけでなく今後の仕事の受注状況、人の異動・移り変わりなども考慮して、設備投資のジャッジをします。

また、ただジャッジをするだけでなく、ジャッジしたことが思惑通り進むよう、PDCAを回してコントロールします。

これをきちんと遂行できる人が管理職であり、このジャッジすることと、行き当たりばったりではなくきちんと結果をコントロールするためのPDCAを回すこと、これらがマネジメントです。

ただひたすら問い合わせの嵐を受ける人が、優れたマネージャーというわけではありません。

まとめ

前述したように、より先のことをジャッジするほど、会社に与える影響度は大きくなり、その判断とうまく着地させるためのPDCAは難易度が高まります。

したがって、それだけ管理者としての資質・能力が必要となるわけです。

資質と言う面では、かなり先のことや大きな規模のジャッジをする案件ほど、それに関わる人の数が増えるわけで、その人たちの調整役を行ったり、指導する役であったりと、まさにマネージャーとしての力量が問われるわけです。

ですから、オペレーションの問い合わせにまみれて身動きが取れない状態になっているのは、頼りがいがあるのかもしれませんが、マネジメント能力という面とは直結しません。

単に、オペレーションや業務プロセスの中におけるハブ的なところで仕事をしているにすぎないからです。

優れたマネジメント能力を持っている人であれば、自分がそうならないよう、権限移譲したり、プロセスを誰にでもわかるように仕組み化したり、見える化しておくものです。

もしこれを読んでいるのが当事者の方でしたら、ぜひ自分の業務を見直すきっかけにしていただきたいですし、読んでいるのが該当する管理者の上司や経営者の方でしたら、その旨を伝え、その該当者の業務のやり方の見直しと、マネジメントとは何かを教育してあげるべきかと思います。

以上になります。参考になれば幸いです。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

   

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

CAMや設計パソコン用のデスクトップ壁紙を販売いたします

当事務所のコラムを読んでくださっているユーザー様へ、日ごろのご愛顧の感謝を込めて、CAMや設計でお使いになられているパソコン用のデスクトップ壁紙を販売させていただきます。

今回の壁紙は、お忙しい皆さまに、後工程へアウトプットする直前にお使いいただくチェックシートとしてご活用いただけます。

デスクトップ壁紙は、以下の4種類があります。

金型・部品加工業専門コンサルティングの壁紙

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

目次
閉じる