金型・部品加工業専門コンサルティング

金型・部品加工業専門コンサルティング(加工コンサル)は、金型メーカーや、マシニングなどの機械加工業を専門とする経営コンサルタント事務所です。

TEL.0566-21-2054

事務所所在地: 愛知県刈谷市

ニュース

FUSION360を使ったプレス金型のパラメトリック設計支援をしてみました。

FUSION360_金型設計

AUTODESK社のクラウド型3次元CAD/CAM「FUSION360」を使ったプレス金型のパラメトリック設計支援をしてみました。

今回は、金型全体の構造だけでなく、スプリングバックを抑制するためのR部の潰しも全て変数化してみました。

FUSION360_金型設計

 

製造業を熟知したコンサルタントが御社のホームページ用の4コマ漫画を作ります。

4コマ漫画サンプル4

 

御社のお仕事にピッタリ合う4コマ漫画を、台本から絵コンテ、最終的な作品まで、全てこちらで作成いたします。

(ヒアリングと写真等のご用意はお願いしております)

費用はデザイン事務所さんと比べるとお安くなっていると思います。

ぜひご検討ください。

4コマ漫画のサンプル2

4コマ漫画サンプル2

4コマ漫画のサンプル3

 

技術コラムのページを更新しました「【金型の見積もり自動化など】AIについてのセミナーを行いました」

金型メーカー・機械加工業におけるAI活用のヒント

技術コラムのページを更新しました。

ぜひご覧ください。

下記をクリックすると、見ることができます。

「【金型の見積もり自動化など】AIについてのセミナーを行いました」

3D加工のCAM実践研修を行っています

課題4のポイント

 

当事務所では、3次元加工におけるCAMデータ作成の実践研修を行っています。

その特徴としては、設計から機械加工、組み付けまで、全ての工程の作業を踏まえたうえでの加工指導を行うため、日々の製造実務に即活かせるところです。

 

通常サポート契約をするCAMの販売ベンダの操作指導とは、下流工程である実際の切削加工や、上流工程である設計作業との、実際の実務に基づいた運用まで踏まえ、教育指導いたします。

 

下図は、実際のカリキュラムの4つ目の課題で使用したレジュメの一部です。

3D加工課題のポイント

課題4のポイント

考えられる工程

大荒取り

削り残り荒加工

仕上げ加工

2D加工部位の面ふさぎ

直角凹部の扱い

狭小部位の全体仕上げ加工

目標加工時間

当事務所は、hyperMILLを使用しておりますが、教育指導の内容としては、CAMの運用と加工指導になるため、使用するCAMは、特にhyperMILLに限定しておりません。

他のコンサル会社では、特定のCAMソフトに限定しているところもありますが、当事務所は、実際の製造現場でおこる加工トラブルや、加工の効率性UPにつなげる運用の指導になりますので、特定のCAMソフトの使用に限定しておりません。

 

このような指導を、カリキュラムを組み、行ってますので、もしご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

3次元CADのモデリング、プレス金型の設計指導も行っております。ぜひご検討くださいませ。

 

※ 中小企業でしたら、下記サイトの補助金を使って、無料コンサルティングを受けることもできます。ご検討ください。

https://www.mirasapo.jp/specialist/

(金融機関や商工会議所、公的機関を通して申請をすることができます)

 

*****************
金型・部品加工業専門コンサルティング

技術コンサルタントshoei

代表コンサルタント:村上 英樹

 

 

【ものづくり補助金】セカンドオピニオン対応につきまして

先日採択発表がありました「ものづくり補助金」ですが、各社さまの強いご要望につきまして、

  • コンサルタントや公的機関の支援を受けながらも、何度か申請したが通らなかった。
  • どうしても技術テーマを自力では考えつかない。

といった企業さまにつきまして、採択の核となる技術テーマの構想および、申請書作成を請け負うことになりました。

 

ただし、当事務所はこれまで20社以上の申請サポートにつきまして、ほぼ全て採択されておりますが、今後これは保証するものではありませんのでご注意ください。

また、当方のスタッフも限られており、全てのご要望にお応えすることはできません。早めにご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

※ できるだけご連絡いただくのは、当事務所の得意分野の技術に該当する事業内容の企業さまでお願いいたします。

プレス金型設計&加工データ実務を請け負います【スタッフ拡充につき】

プレス金型の設計実務に対応

このたびスタッフ拡充につき、プレスの金型設計とCAMによる加工データ作成の実務も請け負う体制が整いました。

金型設計は2次元、3次元、いずれにおいても対応は可能です。

なお、経営のコンサルティング、加工のコンサルティングにつきましても、引き続き対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

設計ツールとして、hyperMILLのCADインターフェースであるCAD-Sを主に使っております。

サーフェースモデリングにもある程度対応でき、下記の動画でその機能を見ることができます。

どうぞご覧になってください。

新企画の第2回。続きを更新しました。市販専門書の内容をCAEソフトで実践検証。

修正したブランク形状のフランジ曲げ後

当事務所で行っている、市販専門書を使った研修ですが、その一端として、記載内容をシュミレーションでの検証をやっています。

まず最初は、日刊工業新聞社から出版されている「プレス加工のツボとコツQ&A」(著者:吉田弘美 著 出版社:日刊工業新聞社 出版年:2008)を、取り上げています。

第2回目を更新しましたので、こちらからご覧ください。