「エース」になるための7つの心構え―加工現場で働く人へ(型技術2021年11月号掲載)

目次

「エース」になるための7つの心構え―加工現場で働く人へ(型技術2021年11月号掲載)

前回まで6回にわたり、部長や課長などのミドルマネジメント層向けの内容を紹介した。本号では現場でお仕事をされる一般社員の方に向けた内容を紹介したい。

具体的には、主に機械加工工程でお仕事をされる方向けとして「加工現場のエースになるための7つの心構え」というテーマで紹介する。

金型メーカーや部品加工メーカーの加工現場には、いわゆる「エース」と呼ばれる生産性の高い作業者が、1人や2人いるものである。

管理職の人や経営者としては、できるだけ多くのエース社員を増やしたいと思っているはずである。
では一体どこから、エース社員と一般社員の差がついてくるのだろうか。

もちろん高い生産性を発揮するためには、それなりの知識と技能を兼ね備えなければならないが、そもそもそういった知識や技能を持とうとするモチベーションはどこから湧いてくるのか、今回はその心得について順番に見ていく。

今ここにいる全員がいなくなってもモノづくりができる準備をしている

これは私自身の経験に基づくものである。
例えば加工現場では、ワイヤーカットやマシニングセンター、研削加工機、CAD/CAMなど、様々な仕事があるが、自分がいつまでも大勢の中の1人で大丈夫だと考えている人と、もし仮にこの現場のいる人たちが急にいなくなり、最悪1人になってしまっても、何とかモノづくりが継続できるように、知識と技能を備えておこうと考えている人とでは、仕事へのモチベーションに大きな差が生まれてくる。

前者はいわゆるコバンザメのようなタイプで、無理難題に当たっても、何かと人に頼りがちな傾向があり、こういったタイプの人がエースになる日はなかなか訪れない。

一方、後者のような「いざとなったら自分がやる」というタイプは、そのいざという時のために、積極的に必要となる知識・技能を得ようとしており、結果、高い生産性でモノづくりができる人になりやすい。

「あの仕事はやってくれる人がいるから自分はいいや」こういった考えでは、加工現場のエースは目指せません。

まずは一つ目として、「いつでも自分ができるように備えておく」という心構えができているかどうか、これは大きなポイントとなる。

次は違う方法でやってみる

これは量産部品の加工と言うよりは、単品や小ロットの部品加工で必要になる考え方となる。

すでに一度やった加工について、改めて再度加工するとき、工程や使用した工具などを変えてみると言うことである。
何のためか、それはやはりコスト削減・リードタイム短縮のためである。

これも当たり前と言えば当たり前のことなのだが、意外に多くの人がこの考えでモノづくりができていない。

量産加工では、品質管理の面から一度取り決めた加工方法は、勝手に現場で変更してよいというものではない。しかし単品部品加工の現場では、ほとんどが加工者にその方法は一任されている。

また加工順序や使用する工具も、一度行った方法はただの一例にすぎず、選択肢は山ほどある。

荒取り加工面は仕上げ後の表面には表れない。であれば、変形・歪みの起きない範囲で、もっと効率化できないか。
仕上げ面はきれい過ぎないか。図面指示からすればもっと送りピッチ・送り条件を上げられないか。
段取り回数はもっと減らせないか。一回の掴みでもっと加工部位を増やせないか。

エースと呼ばれるような人は、毎回このようなことを考えているものである。

もちろん難易度の高い加工品では、速さ・効率性よりも、確実性・精度で「今よりもっと」を考えている。

「いつもいろんな選択肢を考えている」エースを目指していただきたい。

見積もりができて初めて一人前

これも昔からこの業界ではよく言われることである。

図面どおりのものが何とかできるようになった、でも時間はどれだけかかるかわからない。これでは、一人前とは言えない。

しかもエースと呼ばれるくらいになると、平均的な作業者よりも早くモノづくりができるという存在になるため、「自分ならこのくらいの工数、他の人ならその1.5割増しくらいかな」、この言葉が言えるくらいになればエース級だと言える。

具体的に「材料取りで何分、前加工で何時間、研削加工で何分、仕上げ加工で何時間、最後の手仕上げで何分」といったように、自分や仲間が加工を行う際の作業工数が読めることが前提となる。

「やってみないとどれだけかかるかわかりません」、社内で初めてやるような難しい案件ではこういったこともあると思うが、普段加工している案件でこのままの姿勢では、いつまでたってもエースにはなれない。

まずは、自分の仕事の見積もりができるようになろう。

すべて習得するまでに期限をつける

これはエース級の皆さんがやっているというわけではないと思われるが、これを意識している人のパフォーマンスが極めて高かったため、項目の一つとして入れた。

最近この業界では見なくなったが将来独立開業することを目的としている人や、ある程度技術を習得したうえで取り組みたいプロジェクトがある、あるいは若くして高い報酬を得たいなど、何らか強い目的のため、社内の全工程の仕事を、5年や10年など、全て習得するまでの期限を決めている人がいる。

実際にこれらを実現してきた人を見ると、極めて仕事のパフォーマンスが高い人が多い。ジョブローテーションへの積極性や、一つひとつの技術に対しての理由・根拠への探求心も極めて高い。

仮に独立開業などリスキーな目標を持たなくても、習得に期限を付けることは大変良い効果をもたらすと思われる。

「今の仕事、いつまでやるんだろ??まぁいっか」こういった意識では、加工現場のエースになるのは難しい。

自分勝手に次々と工程の仕事を渡り歩くことはできないが、その準備のため、上司と自分のキャリアを共有しておく、そういった処世術も必要になる。

エースを目指すためには、今目の前の仕事にただ流されるのではなく、自分の将来のキャリアを見据えたうえで、今の仕事にどう取り組んでいくか考えていきたいものである。

時には趣味として新しいことに取り組む

これは働き方改革や労働基準法の観点から言うと好ましいことではないが、エース級に仕事ができる人は、何か目新しいことに取組もうと思ったとき、全てを会社が実施する教育訓練活動だけに頼るのではなく、ある程度自分自身の啓発活動として取り組んでいる。

例えば、会社で許可があろうがなかろうが、見にいきたい展示会があればプライベートの時間とお金を使って見に行くし、EXCELやACCESSのマクロを使ったデータ編集の仕組みを作りたいと思えば、会社で時間をくれなくても趣味感覚で勉強し、プログラムする。

もちろんこれは会社から強要すれば法律違反である。あくまでも強要されることなく、エース級と呼ばれる人の一部は、「仕事だから許可されないと取り組まない」ではなく、自主的にやっている人もいるということである。

余力を持っている(伝家の宝刀がある)

これはいつも本気を出していないということではなく、余裕なく目一杯の状態で仕事をしていると、早いことは早いかもしれないが、あまり良いこともない。

余裕がないので、ミスが起こるリスクは高くなり、見落としも起こりやすくなる。

エース級と呼ばれる人たちは、目一杯にならない程度に多少余裕を持って仕事をし、それでも一般の人より早く仕事をこなすことができる。

一方、本当に切羽詰まったときは、余力の部分を発揮して一気に仕事を間に合わせることもできる。

逆にいつも目一杯で仕事をしている人、さらにそれでも他の人より仕事が遅いという人は、ぜひ一度自分の仕事のやり方を見直してみるべきである。

他者を助ける余力がある

これはエースの能力そのものとは別の話かもしれないが、余力を持っているということは、ピンチに陥っている同僚や部下を助ける余力があるということである。

部下や同僚から尊敬されているエース社員は、ピンチに陥っている人のところへ行って相談に乗ってあげたり、オーバーフローしそうな分の図面を引き取り、助けてあげているものである。
それができるのも、自分の仕事を計画どおり早く済ませているためである。

人格的にも損得なしに他者を助けてあげられる気前の良さと、それを可能とするスキルの高さ、両方を兼ね備えていなければ、誰もエースとは呼ばないであろう。

「自分の仕事は終わったので先に帰ります」いつもこの言葉を言っているような人は、エースとは呼ばれないものである。
他者を助けられるだけの余力を持ち、それでも一般社員よりも確実で仕事が早い。こういう人がエースである。

まとめ

以上、ここまでエース社員が持つべき7つの心構えを見てきた。
もちろん心構えだけでなく、知識とスキルと結果(実績)を持ち合わせていなければ、誰もそうは認めてくれないであろう。

つまり「心技体」(プラス実績)を兼ね備えなければ、と言うことである。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

「金型メーカー・機械加工業のための自己診断ハンドブック」が発売されました!

自己診断ハンドブックの販売

私がコンサルティングの初回訪問時や、無料診断サービスにおいて、訪問先企業の製造現場で確認する項目を解析付きで紹介しています。

金型メーカーや部品加工メーカーに皆さまに、自社をセルフチェック自己診断)するために使っていただければと思っております。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

ミドルマネジメント層向け人材育成セミナーのレジュメを販売いたします

セミナーレジュメの表紙

ミドルマネジメントの人材育成のテーマで、講演をさせていただいた際に作成したレジュメ(当日映写したパワーポイントファイルと同じものです)を販売いたします。

日程や生産管理、品質管理だけが幹部・管理職の仕事ではありません。儲けるためのマネジメントが必要です。

そういった視点や意識を持ってもらうためのきっかけとしてオススメの一冊です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる