【金型・部品加工業の管理職の育成ルーム】 第7話 デキる上司に最低限必要な能力とは?

第7話 デキる上司に最低限必要な能力とは?

さて今回のタイトル、「デキる上司に最低限必要な能力とは」ですが、これも挙げだしたらキリがないですが、私は最低限、次の2つが出来なければ、日々トラブルが発生し、コロコロと日程が変更する金型メーカーや部品加工業の現場マネジメントは務まらないと思っています。

  1. 即座に物事をジャッジする能力
  2. 複数の物事を同時並行して進めることができる能力

今回のテーマは、デキる上司に必要となる能力ですので、個別の加工や設計等での技能面ではなく、主に部下に対する「采配」の場面で必要となる能力ということになります。

具体的にどのようなことなのか、個別に見ていきたいと思います。

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる