金型・部品加工業専門コンサルティング

金型・部品加工業専門コンサルティング(加工コンサル)は、金型メーカーや、マシニングなどの機械加工業を専門とする経営コンサルタント事務所です。

TEL.0566-21-2054

事務所所在地: 愛知県刈谷市

加工屋さんの5Sパトロール
このエントリーをはてなブックマークに追加


WEB上で金型メーカー、加工メーカーを5Sパトロールします!


私がコンサルティングの際によく行う、クライアント企業の製造現場や事務所を見て回る「5Sパトロール」を、WEB上で仮想的にやっていきたいと思います。

題して、「【WEBで5Sパトロール】金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!」。

実際にコンサルティングの際には、企業の皆さんの製造現場や事務所を見て回り、具体的に良くないところを指摘し、なぜ良くないのかセオリーからアドバイスし、あるべき状態はどのようにするのかを指導しています。

これから何回かに渡って、金型メーカーや機械加工メーカーで実際によく見かける事例をいくつか取り上げ、5Sの基本に触れてみたいと思います。

では早速、仮想的に工場を見て回り、5Sが出来ていないところを見ていきましょう。

加工メーカーの5S基礎のキソ!

【WEB上で5Sパトロール】金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!(第1回)

金型メーカーや機械加工メーカーの現場や事務所を見て回る「5Sパトロール」をWEB上で行う企画「【WEB上で5Sパトロール】金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!」の記念すべき第一回目です。

 

私が現場を見て回ると、鋼材の床への直置きや、工具の保管状態のまずさがよく目につきます。

そういった事例を写真で取り上げ改善を指摘していきます。

【WEB上で5Sパトロール】金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!(第2回)

金型メーカーや機械加工メーカーの製造現場や事務所を見て回る「5Sパトロール」を、WEB上で行う企画「【WEB上で5Sパトロール】金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!」の2回目です。

 

今回は機械加工の生命線とも言える測定具を正しく保管する方法から、鋼材の積み上げや足元に散らばるコードによる労働災害の危険に触れています。

【WEB上で5Sパトロール】金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!(第3回)

金型メーカーや機械加工メーカーの製造現場や事務所を見て回る「5Sパトロール」をWEB上で行う企画、「【WEB上で5Sパトロール】金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!」の3回目になります。

 

今回は、ミーリングチャックの保管のあり方、台車の定置化、ドリルやエンドミルなど保管のまずさによる探すムダの発生などを扱っています。

【WEB上で5Sパトロール】金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!(第4回)

金型メーカーや機械加工メーカーの現場や事務所を見て回る「5Sパトロール」をWEB上で行う企画、 「【WEB上で5Sパトロール】金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!」 の第4回目になります。

 

3回に渡り、5Sの基本ポイントを見てきましたが、一旦区切りとして、あるべき「管理されている状態」をとりあげていきたいと思います。