【WEB上で5Sパトロール】金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!(第2回)

目次

金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!(第2回)

金型メーカーや機械加工メーカーの製造現場や事務所を見て回る「5Sパトロール」を、WEB上で仮想的に行う企画、「【WEB上で5Sパトロール】金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!」の第2回目になります。

それでは、前回のおさらいなども踏まえながら、早速見ていきましょう。

今回は測定具の保管状況から見ていきます。

金型・部品加工メーカーの5Sの現場事例_1

さて、こちらは鋼材の切断機の前の状況なのですが、これは特に何が良くないのでしょうか?

特に問題なのは、デプス測定器がウエスやホウキなどにまみれて無造作に放置されている点です。

こうした測定器が作業場に放置されている状況はよく見かけますが、寸法測定で使用する精密器具を、このように切り屑で埋まってしまいそうな場所に放置しておくのは絶対にNGです。

正しくは、きちんと精度が維持されるように、柔らかい緩衝材などの上に置き、キャビネットの中などに保管すべきです。

したがって、下の写真にあるようなダイヤルゲージの保管状態も、同様に問題があります。これは何が良くないのでしょうか?

金型・部品加工メーカーの5Sの現場事例_2

これが良くないのは、日光が当たる窓際に保管していることです。

特に、ダイヤルゲージは、100分台やミクロン単位を測定するような器具ですので、もちろん器具自体の温度変化にも配慮するべきです。

このような保管状態は、絶対にNGです。

では、次の事例をみて見ましょう。

金型・部品加工メーカーの5Sの現場事例_3

これはすぐにわかると思います。不安定な状態での鋼材の積み上げですね。

工場内でケガが発生するとき、こういった鋼材の積み重ねが原因で、崩れて人間の足の上に落ちてくるというのは良くある事例です。

では、こういった状態をどう防いでいくのか?

それは、KY訓練(危険予知訓練)を定期的にやることです。

やり方は簡単で、5Sパトロールの際、各作業場の前で「ここで事故が起こるとしたらどういった原因が考えられるか?」というお題目で各作業者に答えてもらいます。

いくつか考えられるだけ全部考えてもらい、もし先ほどの写真の状態が存在すれば、「この積み上げた鋼材が倒れてきて人間に当たる」という問題点が出てくると思います。

したがって、まずはKT訓練を定期的に行うことから始めていくのが良いと思います。

下の写真のような状況も同様です。

金型・部品加工メーカーの5Sの現場事例_5

重たい鉄の材料を、不安定な状態で積み上げて保管することは絶対にやめましょう。

では、最後の事例を見ていきましょう。

金型・部品加工メーカーの5Sの現場事例_4

これはNCフライス加工機の前の状況ですが、何が良くないのでしょうか?

これもよく見受けられる状況で、作業場の足元にコードやホースが垂れ下がっている状態が良くないです。

これは、足を引っかけてしまう危険があるうえ、そもそもコードやホースの欠損や劣化の原因になります。

短く切ったり、壁などにきれいに巻いて、垂れさがって床に落ちている状態にならないよう配慮しましょう。

今回のWEB上での5Sパトロール、いかがでしたでしょうか。

まだまだ押さえておくべき基本はたくさんありますので、引き続き、掲載していきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

「金型メーカー・機械加工業のための自己診断ハンドブック」が発売されました!

自己診断ハンドブックの販売

私がコンサルティングの初回訪問時や、無料診断サービスにおいて、訪問先企業の製造現場で確認する項目を解析付きで紹介しています。

金型メーカーや部品加工メーカーに皆さまに、自社をセルフチェック自己診断)するために使っていただければと思っております。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

CAMや設計パソコン用のデスクトップ壁紙を販売いたします

当事務所のコラムを読んでくださっているユーザー様へ、日ごろのご愛顧の感謝を込めて、CAMや設計でお使いになられているパソコン用のデスクトップ壁紙を販売させていただきます。

今回の壁紙は、お忙しい皆さまに、後工程へアウトプットする直前にお使いいただくチェックシートとしてご活用いただけます。

デスクトップ壁紙は、以下の4種類があります。

金型・部品加工業専門コンサルティングの壁紙

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる