【WEB上で5Sパトロール】金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!(第1回)

目次

金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!(第1回)

それでは、最初の事例から見ていきます。

金型・部品加工業の5S事例1
金型・部品加工業の5S事例2

まず、金型・部品加工メーカーの工場における5Sの基本中の基本です。

これらは何が良くないのでしょうか?

問題点は2つあります。

一つは、工場の床に鉄の材料を直置きしている点です。

これにより、二度と消えないコンクリートへの掘り込みキズが発生してしまいます。

過去のコンサルティングでは、床のキズを埋める修復を一緒にしたこともありますが、修復したとしても色の違いでどうしてもキズがあった箇所は目立ちますし、直すのに手間もかかります。

やはり、材料の下に木の角材をひくなどをして、直置きは絶対にやらないことです(下図参照)。

下に角材をひいた状態

もう一点は何でしょうか?

それは、重たい鉄の材料を、斜めに立てかけていることです。

これにより、もし足で蹴ってしまったり、ひっかけたりすると、自分の方に倒れてきてケガの原因になります。

置いた本人は、完全に寝かせた状態にすると後で運びにくくなるため、立てかけていると思われますが、工場の安全管理面から見ると、非常に危険な状態です。

どうしても立てた状態にしたい場合は、本棚にある本立てを使って立てるようなイメージで、絶対に倒れない状態にして保管しましょう。

まず最初は、安全面から見た事例でした。

では次に、品質面からの事例を見てみましょう。

金型・部品加工業の5S事例3
金型・部品加工業の5S事例4

どちらもツッコミどころは満載ではありますが、このWEB企画は、「金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ」ですので、まずは基本中の基本から見ていきましょう。

どちらも共通して良くないのは、金属という硬いものどうしが触れ合っている状態になっていることで、キズがつきやすい状態になっていることです。

しかも一枚目の写真では、フライス加工機のテーブル上に、工具やツールを直置きしており、テーブルにキズがつきやすく、非常に良くない状態です。

また、2枚目の写真では、精度の保持が必要なコレットどうしが、キャビネットの上で揺れるたびに、こすれ合う状態になっていて、これも非常に良くない保管状態になっています。

また、ドリルそのものも、ドリルどうしで接触する状態で保管されており、すぐにキズが付いてしまう状態になっています。

したがって、硬いものどうしが直接触れ合うことがない状態で保管することが望ましく、例えば、

  • ミーリングチャックにチャッキングされた工具はツールワゴンに入れて保管する(下図参照)
  • チャッキングされていない単体でのドリルやエンドミルの保管については、キャビネットの中でプラスチックの波板の上に並べる

などの保管方法が良いです。

ツールワゴンに入った状態

まずは今回、2つの事例を見てもらいました。

次回からはおさらいも含め、他の事例を見ていきながら、そこで必要となるセオリーにも触れていきたいと思います。

引き続き、よろしくお願いいたします。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

「金型メーカー・機械加工業のための自己診断ハンドブック」が発売されました!

自己診断ハンドブックの販売

私がコンサルティングの初回訪問時や、無料診断サービスにおいて、訪問先企業の製造現場で確認する項目を解析付きで紹介しています。

金型メーカーや部品加工メーカーに皆さまに、自社をセルフチェック自己診断)するために使っていただければと思っております。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

CAMや設計パソコン用のデスクトップ壁紙を販売いたします

当事務所のコラムを読んでくださっているユーザー様へ、日ごろのご愛顧の感謝を込めて、CAMや設計でお使いになられているパソコン用のデスクトップ壁紙を販売させていただきます。

今回の壁紙は、お忙しい皆さまに、後工程へアウトプットする直前にお使いいただくチェックシートとしてご活用いただけます。

デスクトップ壁紙は、以下の4種類があります。

金型・部品加工業専門コンサルティングの壁紙

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる