【WEB上で5Sパトロール】金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!(第4回)

目次

金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!(第4回)

金型メーカーや機械加工メーカーの製造現場や事務所を見て回る「5Sパトロール」を、WEB上で仮想的に行う企画、

「【WEB上で5Sパトロール】金型・部品加工メーカーの5S基礎のキソ!」

今回は第4回目になります。

これまで下記のように、3回に渡り、金型メーカーや機械加工メーカーの5Sの基本ポイントを見てきましたが、一旦ここまでの区切りとして、あるべき「管理されている状態」の事例を今回はとりあげていきたいと思います。

それでは、まず測定具の管理から見ていきたいと思います。

金型・部品加工メーカーの5Sの現場事例_1

これまで何度か出てきた測定具の管理の問題ですが、マイクロなど高い精度の維持が要求される測定具については、工具やツールなど段取り用の道具とは分けて保管するのも良いです。

こうした一元管理により、校正期限などの管理がしやすくなるというメリットがあります。

また、写真にあるようなラベル管理を行うことで、社外の人、例えばお客さんなどの見学があった際には、きちんと管理されていることをPRすることができます。

では、次の事例を見ていきましょう。

金型・部品加工メーカーの5Sの現場事例_2

これも5Sの基本である「識別管理」を行う事例です。

工場の中には、加工前の材料や仕掛かり品、検査待ちの加工品、不具合の判定保留品、検査済みの製品など、さまざまな状態のものがあり、最もあってはいけないことは、これらが正しい使われ方ではなく、間違った工程に混ざってしまう「異物混入」という大問題を起こしてしまうことです。

この「異物混入」を防止するため、一目でわかる識別管理を行うために、写真のような札やラベルを活用します。

また対外的に、お客さんから見ても、識別管理がされている現場とされていない現場では、「出荷製品への信頼性」という点において違いが出ます。

識別管理は積極的に実施していきましょう。

では、次の事例に移りましょう。

金型・部品加工メーカーの5Sの現場事例_3

こちらは、製造現場によくある掲示板になります。

5Sの観点では、そもそも何が掲示されているか明示をするという基本を押さえます。

また、よくある「変更」や「特急」の連絡についても、口頭だけでなく、きちんと周知できるように掲示をするなど、基本を押さえたラベル管理を行うことが良いと思います。

では、次の事例になります。

金型・部品加工メーカーの5Sの現場事例_4

これは、5Sの管理手法の基本「定量化」の見本です。

この写真は、ワイヤーカットで使用するワイヤー線の在庫の保管状況ですが、こうした消耗品管理で重要になるのは、①欠品の防止と②買い過ぎの抑制です。

したがって定量管理では、保管時の最大量と、発注点と呼ばれる欠品を起こさない最小数を明示しておき、そこに達したら発注をかけるという仕掛けを作ります。

次の写真も同じくワイヤー線が入った箱の在庫管理の事例です。

金型・部品加工メーカーの5Sの現場事例_5

もちろん仕掛けを機能させるために、左から使用(先入れ先出し)し、左に詰めるといったルールも明示します。

こうしたルールの明示は、5Sにおける「しつけ」の基本的な取り組みになります。

いかがでしたでしょうか。

これまで全4回にわたって、金型メーカー、部品加工メーカーにおける、5Sの基本を見てきました。

機会があれば、また続きを書いていきたいと思います。

また当事務所では、期間限定で現場無料診断を行っており、5Sを中心にした診断を行うこともできます。

もしよろしければ、ご活用ください。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

「金型メーカー・機械加工業のための自己診断ハンドブック」が発売されました!

自己診断ハンドブックの販売

私がコンサルティングの初回訪問時や、無料診断サービスにおいて、訪問先企業の製造現場で確認する項目を解析付きで紹介しています。

金型メーカーや部品加工メーカーに皆さまに、自社をセルフチェック自己診断)するために使っていただければと思っております。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

CAMや設計パソコン用のデスクトップ壁紙を販売いたします

当事務所のコラムを読んでくださっているユーザー様へ、日ごろのご愛顧の感謝を込めて、CAMや設計でお使いになられているパソコン用のデスクトップ壁紙を販売させていただきます。

今回の壁紙は、お忙しい皆さまに、後工程へアウトプットする直前にお使いいただくチェックシートとしてご活用いただけます。

デスクトップ壁紙は、以下の4種類があります。

金型・部品加工業専門コンサルティングの壁紙

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる