日刊工業新聞社「機械技術 2022年7月号」にて総論を担当しました。

機械技術にて総論を担当しました。
目次

日刊工業新聞社「機械技術 2022年7月号」にて総論を担当しました。

日刊工業新聞社「機械技術 2022年7月号」の【特集】高付加価値を生むための金型加工技術の企画において、総論を担当させていただきました。

「金型が持つ機能性の高さ」とは何かを考えると、「難易度の高い製品が成形できる」「メンテナンス性が良い」「耐久性が良い」などですが、これらは切削加工の視点から見た場合、金型の機能が高くなることは、切削加工のしやすさとはトレードオフの関係(両立しない・相反すること)になることが考えられます。

今回のテーマは「金型の高機能・高付加価値化に向けた切削加工技術」ということで、トレードオフの関係になる諸問題を解決するための加工技術について事例と共に解説しています。

もしよろしければ、読んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次