どこからがパワハラ?叱れなくなった?金型・機械加工の現場

ワイヤー放電加工のボトルネック解消:±0.01ミリ公差の加工方法選択が鍵

どこからがパワハラ?叱れなくなった?金型・機械加工の現場

私は金型・部品加工業専門のコンサルタントとして、日々のコンサルタント業務を通じて、様々なクライアント先からご相談をいただいております。

その中で最近多くなってきているのが、「部下や後輩を叱るのが難しくなった」という悩みです。

近年、パワハラ防止に関する法整備や企業の意識改革が進み、指導者側も、より慎重な対応を迫られる状況となっています。しかし、適切な指導は、日々のモノづくりにおけるQCDだけでなく、社員の成長やチーム全体の活性化には欠かせない要素となっています。

そこで今回は、金型・部品加工業の現場における適切な指導方法について、パワハラとの境界線と、効果的な指導方法について考えていきたいと思います。

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次