【今さら聞けない】加工者・設計者など社員教育のキホン中の基本

目次

【今さら聞けない】加工者・設計者など社員教育のキホン中の基本

最近、県の専門家派遣の仕事などで人材育成をテーマとしたアドバイス・指導を求められることが多いのですが、自分が新入社員になったとして、訪問した会社のOJTのやり方などを見ていると、やっぱりこの会社のOJTでは仕事を覚えづらいなぁと思うことが多々あります。

そこで以前のコラムにも書いたのですが、やはり金型メーカー・部品加工業メーカーの加工者やハンドワーク作業者、設計者における教育のやり方の理想は、次の手順になると思っております。

  1. まず引き出し(選択肢)を教える
  2. 次に選び方(優先順位)を教える

なおこれは、都度作るモノや設計するモノが異なる、金型メーカーや単品部品加工業向けの考え方になります。

ちなみに、大きなロットで大量生産する業務での作業者教育の場合は、①作業の順序、②手順ごと製品のあるべき状態、を示した作業標準書などを使って教育することが望ましいということになりますが、今回は、金型メーカーや単品部品加工業などで製造される個別受注品を扱う作業者教育のあるべき手順がテーマです。

引き出し(選択肢)を教える

やはり一人前にひとりで仕事ができる状態を想定したとき、必要なことは何かを考えると、仕事の要所・要所で必要になる「ジャッジ」が自分でできるようになることを考えます。

もし私が、先輩や上司から仕事を教えてもらう立場になったときを想定してみると、今目の前で教えてもらっている方法以外に、他にどんな方法があるのかな?と気になります。

そこで、「ひとりで仕事ができる状態」とは、次のような2つの段階を1人で実行できることになります。

  1. 判断が必要となった場面で、自分ひとりでジャッジができる(例:どの工具をどの条件で使うか、どんな段取り・順番で加工するか、ミスをした場合削り直すか・溶接肉盛り補修するかの判断をする等々)
  2. ジャッジした結果について、自分で処置できる(例:使うと決めた部品を使って設計する、深い加工を段取りを分けずに加工する、機械で仕上げず手で磨く等々)

いきなり全てのことができるようになるわけではありませんが、他にもやり方や考え方があるうえで、今この方法を選択している、ということを知っておくことが「自分でジャッジできる人」になるための前提になると思います。

選び方(優先順位)を教える

前述した「引き出し(選択肢)」を知ったからには、必要になるのはその「選び方を知るになるのは必然です。

わかりやすいのは、フローチャートのようなものの考え方です。

加工や設計をしていると、様々な分岐点にぶち当たります。

様々な加工材料、いつもとは異なる成形形状、厳しく入り組んだ溝形状など様々です。

そこで、自分が持っている「引き出し(選択肢)」の中から、どれを使おうかとなるわけです。

ここで、その引き出しの中からどのやり方を選定し、いざ目の前の加工や設計に使おうか、この状況に応じた優先順位を決められることが重要なポイントになります。

OJTでは、色々と存在する、工具や部品、やり方などがある中で、なぜ今これを採用しているのかの理由まで伝えることが重要で、次からは「様々ある選択肢から正しい優先順位で物事を決められる」ことを、自分でやれるようになって欲しいというわけです。

経験年数って重要?

最後にまとめになりますが、これも良く受ける質問で、加工とか設計とか、だいたい何年くらいで一人前になるもんですかね?という質問を受けます。

実は私は、年数というものさしは重要ではないと思っていて、例えば、マシニング加工で言うと、何点加工を経験したかという「」の方が重要だと思っています。

例えば、もう3年マシニング加工やっているんだけど、実は、たまたま担当してきたのがプレートの穴あけ加工ばかりだったという人と、

3年のうち、溶接製缶モノの後加工が300点、3D加工モノが200点、プレートの穴あけが500点、丸物の追加工が300点など、バラエティに富んだ種類のモノを加工してきた人とでは、同じ経験年数3年でも持っているスキルは全く違ってきます。

このように、こなしてきた「」で見る方が、積んできた経験を把握しやすいと思っています。

また、このような「やってきた」結果だけではなく、そもそもどのようなバランスで経験を積むのか、例えば、3年のうち、溶接製缶モノの後加工は200点以上、データ作成込みの3D加工は150点以上など、これから積む経験を個別の目標数にするのは、バランスの取れた経験者を育てる点で管理しやすいと思います。

最後になりますが、①まず引き出し(選択肢)を教える、②次に選び方(優先順位)まで教える、を実践するにあたっては、口頭だけで実践するのは辛く、教える人の個人としての取り組みだけではなく会社全体としての取り組みとして、実際のOJTに先立ち、教育用コンテンツを用意しなければならない場合もあると思います。

参考になれば幸いです。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

「金型メーカー・機械加工業のための自己診断ハンドブック」が発売されました!

自己診断ハンドブックの販売

私がコンサルティングの初回訪問時や、無料診断サービスにおいて、訪問先企業の製造現場で確認する項目を解析付きで紹介しています。

金型メーカーや部品加工メーカーに皆さまに、自社をセルフチェック自己診断)するために使っていただければと思っております。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

ミドルマネジメント層向け人材育成セミナーのレジュメを販売いたします

セミナーレジュメの表紙

ミドルマネジメントの人材育成のテーマで、講演をさせていただいた際に作成したレジュメ(当日映写したパワーポイントファイルと同じものです)を販売いたします。

日程や生産管理、品質管理だけが幹部・管理職の仕事ではありません。儲けるためのマネジメントが必要です。

そういった視点や意識を持ってもらうためのきっかけとしてオススメの一冊です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる