応用力・創造力が育たない原因は「環境」と「遊び」?

目次

応用力・創造力が育たない原因は「環境」と「遊び」?

今回のテーマは、これまた当事務所に相談が多い、柔軟な応用力・創造力を持った設計者や加工者がなかなか育たないといった問題についてです。

この点については、20年以上前に自分が経験してきた状況と、日々のコンサルティングの中で、多くの金型メーカーや部品加工業の皆さんの現状を比べると、「なるほど」と思うところが多々あります。

やはり徹底した効率化を目指すと、なかなか柔軟性が育ちにくいといった副作用があると思います。

例えば今現在は、CAMとマシニングセンターなどの段取り作業は分業化されていることが多いですが、単純なポケット形状や、直線的な逃がし形状などについても、CAM担当者からNCデータや段取り書と工具一覧表が提供されることが主流です。

ですが、こういったシンプルな形状の加工などを利用して、柔軟な応用力を伸ばしてあげる発想も大事かと思います。

例えば、手動ボタンとドライランなどを使って、自分で工具と条件を選んで加工させてみるなどが考えられます。

「おー、CAMでやると慎重な条件になってるけど結構条件上がるやん」とか、「切り込み量はこっちにした方が早く削れるやん」など、自分で発見することも出てきます。

と、このような話をすると出てくるのが、「いや、そんなに自由にやらせると機械をぶつけたり、ポカミス連発して材料オシャカにするのがどんどん出てくるやろうなぁ」といった意見です。

たしかにそのとおりだと思います。

環境を意識する

私は、人がどう育つかは「環境」によると思っていて、昔の子供と現代の子供に違いがあり、成人して大人になったときの感性に違いがあるのは、皆さん周知のとおりです。

多少のケガをするのは承知で公園や運動場で自由に遊ばせるのか、ケガしてばい菌でも入ったら危ないので家の中でゲームか勉強させておくのが安全なのか、それは親の判断一つです。

ただ、やはり 徹底した効率化を追求していくと、なかなか柔軟性を持った加工者が育っていかないといった弊害は出てくると思います。

一方、CAM側から見ると、CAMで作った加工データは、機械の無人手放し運転を基本としており、加工がはじまったマシニングセンターに、オーバーライドのダイヤルを機械オペレーターが常に握ったまま、加工中ずっと監視しているというスタンスは取らず、サイクルスタートボタンを押したら、次の段取りのために操作盤の前から離れることを想定しています。

そうなると、やはり安全重視の条件になるのは自然なことであり、あまり「攻めた」条件は使われない傾向にあり、やむを得ない部分があります。

よく加工中にビビリが出てきたとか異音がしたなどの異常が起きた場面に、オーバーライドを調整したり、切り込み量を変えてみたりと、色々と条件を変化させる必要に迫られますが、「応用力を育成させる」観点からはむしろ、シンプルな形状の時や複雑でもなく深くもない普通の加工の時こそ、色々と条件を変えてみて、肌感覚を身に付けるべきかと思います。

そうした経験を、有事の際(トラブルの予防処置や、いざ発生した際)に、自分の引き出しとして使うのが自然ですよね。

2つの要因

まとめると、柔軟な応用力・創造力を持った設計者や加工者が育つ要因としては、①単純にこの業界の仕事に対して好奇心が強い、②その好奇心を満たす「環境」が社内にある、この2つではないでしょうか。

私自身、何十年と触ってきてもいまだにCAMの操作は大好きで、いつも演算後に出力される軌跡と、それを機械で動作させるときはワクワクします。

なので、CAMソフトに新しい機能がバージョンアップで搭載されたりすると、色々なパターンで出力させてみたくなります。

その一方、お給料をいただいてお仕事をするので当たり前のことなのですが、その探求の成果にノルマがついたり、そもそも自由に触る時間がなかったりなど、「制約」がついてくると、とたんにその好奇心が薄らいできます。

したがって、企業としては当然のことなのですが、「効率性」「出来る限り早く」「ムダを無くす」「徹底してロスを排除」などのキーワードは、企業が儲けていくために必要なことですが、好奇心・探求心を高める観点から言うと、逆効果になることがあります。

コミュニケーションも同じですよね。

徹底してムダな会話を排除していくと、社内での会話は、報連相のみになってしまいますが、これでは良好なチームワークは醸成されませんよね。

ムダとも思える雑談をするからこそ、相手の素性や人柄がわかり、チームワークにもつながるという面もあります。

この折り合いをどうつけていくか、ここが非常に難しいところです。企業としてはあえてムダを許容するということになりますので。

例えば、CAMの軌跡を出力する点においても、「徹底してムダのない」軌跡を追求していくと見えてこないものもあります。

「へー、こんな動きも出せるんだー。」と、効率性とは真逆となる、エアーカットを含むようなムダな軌跡を出して遊んでいると、加工ビビリや極端に深い加工などの際、対策になる応用的な加工を会得することもあります。

とはいえ、そういった「遊び」の時間を有効に使えるくらい、そもそも好奇心や探求心が、加工や設計に向けられているか、という個人の持つ「素養」は必要になります。

そういった意味で、繰り返しになりますが、 柔軟な応用力・創造力を持った設計者や加工者が育つ要因は、①単純にこの業界の仕事に対して好奇心が強い、②その好奇心を満たす「環境」が社内にある、この2つが揃ったときになるのではないでしょうか。

参考になれば幸いです。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

「金型メーカー・機械加工業のための自己診断ハンドブック」が発売されました!

自己診断ハンドブックの販売

私がコンサルティングの初回訪問時や、無料診断サービスにおいて、訪問先企業の製造現場で確認する項目を解析付きで紹介しています。

金型メーカーや部品加工メーカーに皆さまに、自社をセルフチェック自己診断)するために使っていただければと思っております。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

ミドルマネジメント層向け人材育成セミナーのレジュメを販売いたします

セミナーレジュメの表紙

ミドルマネジメントの人材育成のテーマで、講演をさせていただいた際に作成したレジュメ(当日映写したパワーポイントファイルと同じものです)を販売いたします。

日程や生産管理、品質管理だけが幹部・管理職の仕事ではありません。儲けるためのマネジメントが必要です。

そういった視点や意識を持ってもらうためのきっかけとしてオススメの一冊です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる