今年は多能工ならぬマルチスキルに挑戦?

多能工ならぬマルチスキルに挑戦

今年は多能工ならぬマルチスキルに挑戦?

さて金型メーカーや部品加工メーカーでお仕事をされる皆さま、2023年、年が明けましたが、今年は多能工ならぬ、マルチスキルに取り組んでみてはいかがでしょうか(すいません、「もうすでにやってるよ」という方はスルーしてください)。

「え、何が違うの、同じ意味じゃない?」と思われた方もおられるかもしれませんが、私は別物として、普段のコンサルティングでとり扱っております。

どちらも当事務所オリジナルの定義として扱っております。重要なのはその違いと、その違いを踏まえ、実際何に取り組んでどのように業務で成果を出していくかだと思いますので、厳密な言葉の定義にはこだわってはおりません。ご理解いただければと思います。

まず「多能工」とはどういうものかを考えますと、実際に他の工程に入って作業できて、はじめて「多能工」と言えるのではないでしょうか。例えば、自分の本業となる工程の仕事に加え、前後工程など、他の工程がオーバーフローしているときにヘルプに入るなど、実際に他工程の作業者に交じって作業をするといった、全体の工程管理者(上司など)の許可や指示を受けたうえで取り組むことだと思います。

一方「マルチスキル」の方は、実際に他工程で作業に入る入らないということではなく、今目の前の自分の仕事において、他工程のスキルも使って作業をすることだと考えています。例えば、マシニングセンターの段取りが主業務だとしたら、時折、加工条件や加工軌跡を変更したいと思ったとき、自分で3次元CAD/CAMを操作して編集するとか、型組付けや保全担当者でありながら、3次元CADを使ってモデル編集を行い金型意匠面の調整を行うことなどが考えられます。

このような「マルチスキル」を発揮することで、業務にどのような違いが出てくるか、私が実際に関わっている企業の事例で見てみたいと思います。

成形メーカーA社の金型部門の事例

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次