【今さら聞けない】使っていますか?「小ポケットの制御」

使っていますか?CAMの「小ポケットの制御」機能

今回は過去に取り上げたテーマ、小径エンドミルがどうしても折れてしまうといった課題について、実際に3次元CAMを使った対策を見ていきたいと思います。

問題となった形状は下図のとおりです。

事例のモデル形状
事例のモデル形状

正面から見た断面図でわかるように、底部に向かって幅の狭い円弧形状になっており、ここに入りこんでいくボールエンドミル加工が厳しそうです。

この形状部分の幅については、一番広いところで8ミリでした。

束のようになった軌跡の中から危険な動作を見つけ出すのは困難?

まずは問題となったNCプログラムの軌跡をビューワーでみてみます。その状態が下の図です。

工具はφ3ボールエンドミルです。

事例の形状の荒取りプログラム
事例形状を削る荒取りプログラム

底部が円弧状になっているところを荒取りするプログラムです。

この束のようになった軌跡の中に、工具を異常摩耗させてしまった問題となる軌跡が紛れています。

そこで、この細かな軌跡の束の中から、問題となる軌跡を取り出してみました。それが下図の軌跡です。

問題となった軌跡
問題となった軌跡

ここでもう一度、異常摩耗してしまったボールエンドミルを見てみたいと思います。

異常摩耗したボールエンドミルの先端
異常摩耗したボールエンドミルの先端

どうやら先ほど取りだした軌跡、工具中心がほとんど左右に動けないまま直進に近い状態で、底部に向かってアプローチした動きにより、このように先端のみが異常摩耗したのだとわかりました。

このように、加工する前、複雑で束のようになったNCプログラムの軌跡の中から、問題となる動作を見つけられず、工具が折れてしまったり、異常摩耗してしまうというトラブルが多く、よく私の方へ相談を受けます。

そこで今回のテーマ、「使っていますか?CAMの小ポケットの制御機能」に触れていきたいと思います。

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる