CAD/CAM買い替え稟議を上げる際のあるべき費用対効果の考え方について

スケジューラーの使い方について

CAD/CAM買い替え稟議を上げる際のあるべき費用対効果の考え方について

今回のテーマは、設計作業などで現在使っているCADよりも、より高機能で効率的に作業できるCADが見つかり、それを購入するための稟議書を上層部に提出する際に必要となる費用対効果の考え方についてです。

ここでよく問題になるのが、その数百万円する新たなCADを購入するにあたり、これが新規導入ではなく買い替えとなるため、今使っているCADよりもどれだけ作業時間が短縮され、その短縮がいくら分の金額効果になり、何年で元が取れるのか、はたまた元が取れるのか、購入する価値があるのか、という議論が沸き起こることです。

短縮効果だけで考えても辛い

私はコンサルタントとして、設計部門の改善改革をお手伝いすると、前述したような稟議の場面に立ち会うことが多いのですが、実際に稟議書を書く担当者は大変苦労されています。

最近の設計ソフトの進化はめざましく、たしかに、支援機能がないハイエンドCADから金型設計の支援機能が充実したミッドレンジのCADに切り替えると、各段に作業効率は上がります。

実際に設計する作業者からすると、特にその効果は実感できます。

ところが、これを金額効果に置き換えると、「ん?・・・・こんなもんか?」と思うことがあります。

例えば、とある金型の平均設計リードタイムが10日かかっているとして、それが新たなCADの導入により2日短縮できるとします。

1日8時間×2日=16時間、設計作業のチャージ金額を5千円として計算すると、一型あたりの導入効果は8万円となります。

一人が使う新しいCADの購入費用を500万円とすると、ざっと63型やらないと元が取れない計算になります。

この型数を多いととるか少ないととるかは会社ごとに異なると思いますが、結構多いのが「そんなにやらないと元が取れないんだ、じゃあ導入は無理だな」と考えてしまうことです。

買えたとしても、稟議を通すまでの説得にとても長い日数がかかってしまうこともあります。

では本当に、こうした設計ソフトの費用対効果は、削減工数をベースに考えるのが正しいのでしょうか。実際にソフトを使う立場となる設計者が、実感として効果を感じるあの感覚は錯覚にすぎないのでしょうか。

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次