個別受注の一品料理品の納期遅れへの対応方法①

加工現場の「足元」にも目線を向けてみませんか?

個別受注の一品料理品の納期遅れへの対応方法①

今回は、2回にわたり、金型メーカーや機械加工メーカーにとっての永遠のテーマ、一品料理品の生産管理をする方法をお伝えします。

金型メーカーや機械加工メーカーにとっての永遠のテーマ、一品料理品の生産管理をする方法をお伝えします。

金型メーカーや機械加工業の皆様にとって、一品料理品の生産管理のポイントはズバリ 「工数の見積もり精度を高める」ことです。

なぜなら、飛び込みの仕事などにより日々変化する生産計画に対し、稼働率を高める効果を出せるのは、「前倒し生産」ぐらいしか対応策はなく、これを最も効率的に行うには「工数の見積もり精度を高める」ことが最適だからです。

「いや、もう目いっぱい仕事やってるよ。残業もやってるし、土曜日だって仕事してるし」

わかります。金型メーカーや機械加工メーカーで23年仕事をしてきた私もまったく同じ境遇でした。とてもよく理解できます。

そのような中で、製造業で働く皆さんは、割とパチンコが好きな方が多く、私と一緒に仕事をしていた方々も例外ではなく、やはり多少の残業はしたとしても、毎日仕事の終わった後は必ずパチンコに行く、その時間は確保したいというのが大原則でした。

しかし受注した仕事の納期は守らなければならない、私はそのようなチーム環境の中で、生産計画や進捗管理を担当する立場でした。

そこで考え出したのが、次のような管理方法です。

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次