プレス金型設計者の人材育成手順と日程管理について

【プロローグ】設計人材の育成について

プレス金型設計者の人材育成手順と日程管理

今回のFAQコラムは相談を受ける機会がとても多い、プレス金型製造における設計人材の育成についてです。

その理由の一つに、既存のベテラン設計者と同等の能力を持った設計者をなかなか育てることができないと問題があります。

今回は、そんな悩みの多い「金型設計者の育成手順と日程管理の方法」についてみていきたいと思います。

金型設計者の育成手順

まずは、育成の順番からみていきます。

これは、下図に示す(1)工程設計、(2)構造設計、(3)部品設計という設計工程のうち、最後の工程から順番をさかのぼっていく形で経験を積ませます。

3つの設計工程

つまり、設計人材の育成の手順としては、まず使用するCAD操作を習得したのち、設計工程の一番後である、(3)の部品設計から経験を積ませ、能力を向上させていくということになります。

具体的には、次のような対応が考えられます。

  • 2次元設計であれば、ベテラン設計者が作成した金型組図から部品バラシ図や、3D加工用の部品モデルをモデリングする。
  • 3次元設計であれば、ベテラン設計者の構想図面から、3D金型モデルをモデリングする。

なお、部品設計の経験を積む際には、心理学にある、①符号化、②貯蔵、③検索というモノを思い出すときの脳の思考プロセスを踏まえ、意識することが望ましいです。

人間の記憶には、短期記憶と長期記憶がありますが、特に長期記憶は、体系化した言語や図など、わかりやすくなった情報ほど頭の中に長く貯蔵され、また思い出しやすくなります(検索性)。

その記憶の中から必要なときに情報を取り出して(検索して)、目の前の行動に使われるということになります。

つまり、物覚えの良い人とは、ズバリ!この①の符号化の効率が高い人ということが言えます。

例えば、一度見たこと・聞いたことを、後で思い出しやすい状態で記憶していくということです。

私は、これを中小企業診断士の勉強の際に意識しました。

具体的には、モノを記憶する際、必ず相対的に覚えるということです。

例えば、初めて見るタイプのエンドミルがあれば、これと対になるものを必ずイメージします。

従来使っていたエンドミルを思い浮かべ価格の違いをイメージしたり、刃数の違うエンドミルをイメージして加工効率の違いをイメージしたりなどです。

つまり、それ単体をシャカリキになって覚えようとせず(単なる暗記)、何と何の枠組みの中でそれが存在し、それぞれにどういった違いがあるのか、対になるものの違いと共に一緒に覚えていく。これがいわゆる体系的にモノを覚えるということです。

ちなみに、私は本を読むときには、他との比較や体系図などをメモしながら読んだりします。

したがって、設計者育成のスタートとしては、まず(3)の部品設計の見習いから始め、金型部品の必要な機能や形状、材質などを体系的に覚えることを意識しながら場数を踏み、いずれ担当する(2)の構造設計のための知識を、経験と共に蓄えていきます。

ちなみに、この体系化の考えは、金型設計標準書でも使う考え方です。

単純に、市販部品やプレート類の指定だけを記載するよりも、各部品や形状の選択肢とその選定基準が決められて記載されている設計標準書は、かなりレベルの高い標準書です。

このような標準書が整備されているメーカーは、ノウハウや情報の統一・共有化のレベルが高いです。

なお、こうした設計工程をさかのぼった経験を踏まず、①符号化、②貯蔵、③検索という思考プロセスが使えずに行う設計作業は、いわゆる試行錯誤による設計ということになります。

心理学にある試行錯誤とは、目の前に起きた問題解決のため、根拠のある無しは関係なく、思いつく方法を順番に試し、偶発的に問題が解決するまで続ける方法を指します。

いわゆる、なかなか満足のいく設計ができない、ベテラン設計者よりもかなり多く時間がかかってしまう、何度も手戻りを繰り返すといった、設計者の育成が進まない原因となります。

さて、設計者の育成手順に戻りますが、(3)の部品設計を一定期間担当した次は、(2)の構造設計の見習いから経験させます。

この工程での能力向上の狙いは、(1)の工程設計に必要となる、何工程のプレス加工によれば安定的に製品を作れるか、ブランク工程をどうすれば品質の良い製品が作れるかなど、プレス成形性・加工性などを考慮できる能力を養うということになります。

また、品質の良い製品ができる工程で設計できたとしても、量産がはじまると金型は何年にも渡り継続的に使うものであり、金型部品は摩耗・消耗するため、そのとき製品寸法はどうなるかなど、他にも考慮することが多くあります。

したがって、単純に、金型組図を製図するだけでなく、「なぜそういった構造にしているのか」「なぜそういったプレスの工程分割をしているのか」などを考えつつ、自分の頭の中のフローチャートに落とし込んでいく必要があります。

このフローチャート化が、①符号化、②貯蔵、③検索ができる脳への仕込みになります。

設計人材育成の最後の手順が、(1)の工程設計の見習いを始めるということになります。

この工程を担当するということは、社内の量産部門や顧客担当者など、自部門以外の関係者とも接することになり、このときには、プレス加工や後工程である機械加工、トライ作業の知識など、幅広い知識が必要になるため、やはり浅くとも体系的な知識が必要になることは言うまでもありません。

若手設計者の日程管理のあり方

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる