【今さら聞けない】金型メーカー・部品加工業のIOT、それ本当に必要ですか?

IOT本当に必要ですか

【今さら聞けない】金型メーカー・部品加工業のIOT、それ本当に必要ですか?

【コラムの概要】
金型メーカーや部品加工メーカーの分野において、JIMTOFなどの展示会やネット、書籍などで、IOTの必要性が活発に叫ばれておりますが、私はコンサルタントという中立的な立場(IOTを売りたい側と導入を検討する製造業側との)として、冷静な見方をしております。機械故障や部品交換時期など保全目的での導入は望ましいと思うのですが、「これを入れれば生産性が上がる」という安易な発想はいかがなものか?というのが今回のテーマです。一概に製造業という括りではなく、効果の出やすい業種とそうでない業種が存在すると思っています。例えば、金型メーカーや単品の部品加工メーカーにとっては、そもそも稼働率の高い低いは計画(差し立て)の問題ということがあります。

先日、理論政策研修という中小企業診断士の資格を維持するために毎年一回必ず聴講しなければならない研修を受けてきました。

その中で、製造業は生産性向上のためにIOTを積極的に導入していきましょうと、行政の人が声高に言っておりましたが、これは全ての製造業に当てはまるのでしょうか。

私は以前から金型メーカーと多品種少量・一品生産の部品加工業には、IOTはあまり意味がないと思っていました。違う言い方をすると、高いお金を払ってまで導入する意味はないということです。

先ほどの研修でも言っていましたが、製造業がIOTを導入する、つまり工作機械をネット環境に接続し、リアルタイムで稼働状況を見える化すると、その稼働率の低さに驚くという、いつもの決まり文句が出てきます。

ここで私は思うことがあります。

  1. 稼働率の高い低いは、そもそも計画(差し立て)の問題で、それが計画どおりいったか、そうでないかだけでしかない。
  2. そもそも稼働率は高くなくてはいけないのか?

この2点です。

それぞれどういうことなのか、具体的に見ていきたいと思います。

① 稼働率の高い低いは、計画(差し立て)の問題

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次