【今さら聞けない】不良トラブルの発生確率、どのくらいで考えてます?

不良トラブルの発生確率、どのくらいで考えてますか

【今さら聞けない】不良トラブルの発生確率、どのくらいで考えてます?

今回のテーマは、主にマシニング加工を題材として、発生してしまった加工トラブルについての統計的な話しではなく、起こるかもしれない加工トラブルに対し、どのくらいの発生確率で考えているか、その発生確率に対してどのような対策をとっているか、そういった内容についてとりあげます。

具体的には、スローアウェイカッターを夜間の無人運転の加工に使用するかどうかという事例において、前述したような加工トラブルの発生確率に対し、どのような対応をとるのかについてまとめてみました。

まず、多くの金型メーカーや単品部品加工業で使われているスローアウェイカッターですが、例えば夜勤などがない場合、夕方に次のワークの段取りをして、大荒取りのためにチップ交換式のスローアウェイカッターの加工を仕掛けて、そのまま「お疲れ様~」と、無人加工として帰宅しますでしょうか。

私の経験も含め、これまで見てきたケースでは、次のようなパターンの対応がとられています。

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる