【今さら聞けない】労働分配率を使って、頑固な製造部門を動かす方法

労働分配率を使って頑固な製造部門を動かす方法

【今さら聞けない】労働分配率を使って、頑固な製造部門を動かす方法

【コラムの概要】
経営が厳しい金型メーカーや部品加工メーカーなど、収益面で効果の出る改善を本当にやっていかなくてはいけない場合に、実際の現場では、ものづくりにおいて品質の問題や絶対に不具合を出せないことを理由に、生産性を上げていく改善への取り組みがなかなか行われなかったりすることがあります。今回のコラムでは、労働分配率の計算式を使って、実際にコンサルティングの現場で使っている、現場の方々が改善に取り組まなくてはならなくなる3つの視点を解説しています。

加工や現場経験のない方が経営者や幹部職をやられている場合などに、製造部門の意見が強くなってしまい、以前より経営状態が悪くなっているにもかかわらず、その改善を促そうにも、なかなか現場が言うことを聞いてもらえない場合があります。

正直こういった場合には、コンサルタントの立場からも手を焼くことがあります。

ではこうした場合どのように、現場の皆さんに動いてもらうのか、今回はその点についてみていきたいと思います。

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次