【今さら聞けない】ミス防止にもつながる「すいませんでした」の本当の意味

すいませんでしたの本当の意味
目次

【今さら聞けない】ミス防止にもつながる「すいませんでした」の本当の意味

先日ある企業さんであったエピソードなのですが、些細な用件で頻繁に電話などで問い合わせをされる担当者さんがいたため、翌週対面するときで済むことはそのときにしてほしいとお願いしたところ、そのことについて社長さんが謝ってくれたのですが、その後ある違和感を覚えました。

この「先生、すみませんねぇ、ウチの〇〇がしつこくしてしまって・・・」は、もう2回聞いたけど、その後改善される様子がない・・・。

そもそもこの「すみません」「すいません」はどういう意味だろう、と考えました。

このとき、「すいません(すみません)」という言葉を発する人には、2つの意味があると気づきました。

一つは、免罪符的な意味合いです。

「すいません」を発した人が、その相手から「わかりました、いいですよ」という言葉をもらったら、今日、今この瞬間までに迷惑をかけたことに加え、以後同じ迷惑をかけることも許してもらえると解釈することです。

ですから「すみませんでしたねぇ」→「(相手)はい、わかりました、いいですよ」となると、「じゃあ、今後も大丈夫だな」と勝手に過大解釈してしまうということになります。

もう一つは、あくまで過去までのことについてだけ許す、ということです。

「すいませんでした」に対して、相手が発する「はい、わかりました」の意味は、過去のことは水に流します、でも以後は同じことはしないようにしてくださいね、という意味になります。

一般常識としては、後者が普通だと思います。

前者は、勝手な過大解釈と言えるでしょう。

これは加工現場でイージーミスをしょっちゅう起こす人が持つ、性格の一つだとも思っています。

不具合・不良を出して、上司・先輩に怒られ、「すいませんでした」と謝り、その上司・先輩は「わかった、次からは気を付けてくれよ」と、そういったやりとりがよくされますが、

許してくれたということは、そのときの不良・不具合を寛大な気持ちで許してくれたのであって、もちろん次からのミスまで許すと言ったわけではありません。

ですが、この過大解釈してしまう人は、一度許してもらえると、今後も謝れば許してもらえる「免罪符」がもらえたと解釈してしまうのかもしれません。

まとめになりますが、違和感と言うか、人間関係を悪くしてしまう要因として、この免罪符をもらったと過大解釈する人と、一般常識を持った、あくまで過去のことについてのみ許すと解釈している人とのギャップがあると思います。

ですから私は今後、次のような言葉で確認をしようと思っています。

「すいませんねぇ」→
「わかりました。ですがその「すいません」は、「今まですみませんでした、以後は気を付けます」という意味なのか、「申し訳ないですけど次からも続けますよ」なのか、どちらでしょうか。もし後者でしたら「わかりました」とは言えないのですけど」と。

よく会話に出てくる、「あの人は謝ればそれで済むと思っている」というのは、やはり「 免罪符をもらったと過大解釈する人 」であり、言葉が軽いと思われる人です。

やはり「すいません」と謝るということ、つまり「悪い」と思っているなら次からはやめて欲しい、というのが相手の人間が思っていることであり、これが基本だと思います。

反面教師ではないですが、 「あの人は謝ればそれで済むと思っている」 と思われないよう、相手に悪いと思ったこと・少なくとも一度謝ったことは繰り返さないよう気を付けたいたいものです。

参考になれば幸いです。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

「金型メーカー・機械加工業のための自己診断ハンドブック」が発売されました!

自己診断ハンドブックの販売

私がコンサルティングの初回訪問時や、無料診断サービスにおいて、訪問先企業の製造現場で確認する項目を解析付きで紹介しています。

金型メーカーや部品加工メーカーに皆さまに、自社をセルフチェック自己診断)するために使っていただければと思っております。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

ミドルマネジメント層向け人材育成セミナーのレジュメを販売いたします

セミナーレジュメの表紙

ミドルマネジメントの人材育成のテーマで、講演をさせていただいた際に作成したレジュメ(当日映写したパワーポイントファイルと同じものです)を販売いたします。

日程や生産管理、品質管理だけが幹部・管理職の仕事ではありません。儲けるためのマネジメントが必要です。

そういった視点や意識を持ってもらうためのきっかけとしてオススメの一冊です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる