金型メーカーの設計業務は分業した方が良いのか、それとも・・・

金型メーカーの設計業務は分業した方が良いのか

金型メーカーの設計業務は分業した方が良いのか、それとも・・・

【コラムの概要】
金型を多く作るためには、最上流の金型設計を手離れよく完了させていかなければいけません。そこで出てくる考えが、設計の分業化です。そもそも金型設計は、構想設計・構造設計・部品図作成という工程に分かれますが、今回のコラムでは、設計分業化のための根本となる考え方と、分業化は難しいと言われている3次元設計で分業する方法の事例を、具体的に図を使って紹介しています。

これはあくまで私が見てきた中での統計ですが、設計業務は、1人の担当者が構想から構造、最後の部品図作成、その後の材料・部品表の作成まで全てを完結させるスタンスをとっている会社よりも、設計プロセスを分業している会社さんの方が手離れよく、多くの型数をこなしているように見受けられます。

私は、プレスメーカー・成形メーカーの金型部門や、売り型メーカーなどの力量は、「何トンクラスの金型を月何型作れるか」で、見ています。

例えば、私のクライアント企業では、400トンプレスに乗せる順送金型を月4型作れることを目標にしていたり、300トンプレスに乗せる順送金型を月10型作れる体制づくりに取り組んでいたりします。

このように多くの金型を作るためには、最上流の金型設計を手離れよく完了させていかなければいけないことは明白で、外注設計を使うこともあるかと思いますが、やはりまずは社内の設計をいかに効率よく完了させていくかを考えなければいけません。

そこで出てくるのが、設計の分業化です。

ただし、社内に数名いる設計者全員が熟練者レベルであれば、この分業は必要ないかもしれません。

基本の考え方は、料理の厨房で例えると、

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次