金型メーカー・部品加工業を取り巻くイマドキ採用事情

今どきの人材採用事情

金型メーカーや機械加工メーカーを取り巻く最近の転職動向について

【コラムの概要】
今回のコラムは、金型メーカーや部品加工メーカー専門の経営コンサルタントとして、採用がうまくいっている企業とそうでない企業について俯瞰し、企業側からの業務内容の紹介の違いなどに言及しています。昔は職人気質でコミュニケーション能力もそれほど重要視されていなかった製造現場も、今は軽視するわけにはいかない時代です。そういった事情を踏まえ、どのような業務内容が望まれる傾向にあるのか、そのあたりにスポットを当てています。

私は、製造業の中でも様々な業態の企業にお伺いしておりますので、各社の採用の近況を俯瞰して見ることができます。

その中でも、やる気のある人材の採用、特に転職での人材採用に成功している企業、逆にうまくいっていない企業、それぞれの共通点を見ていきながら、どのような方針の企業の採用がうまくいっているのか、今回分析してみたいと思います。

採用がうまくいっていない企業

あくまで私がかかわっている企業でという限定した中でのお話しですが、転職による求人への応募がほとんどない企業の共通した仕事のスタイルとして、「ものづくりを最初から最後まで一人で任せてもらえる職場」というのがあります。

かつては「任せてもらえる面白さ・やりがい」などと企業側から業務内容を紹介・PRされ、自分で考えて動きたいタイプの人からはとても人気のある仕事内容でしたが、私から見て今はほとんど人気が無いようです。

また、そういった仕事をマネジメントしたいというタイプの人は、製造現場を目指さなくなっているのかもしれません。

具体的に、製造業の中で「最初から最後まで任せてもらえる」仕事としては、図面をもらって材料取りから加工順序、加工方法や最終的な検査まで全てを自分で担当したり、部品加工メーカーでは、営業的に見積もりや受注手続きから自分で担当し、外注手配や社内工程まで全て自分で担当するなどといった作業内容が考えられます。

さながらひと昔前で言えば、将来の独立も視野に入れた動きが取れることもあり、自立したタイプの性格の人からすれば、大変ですがシビれる仕事ができるとも言えます。

ですが、こういった内容を自社のホームページに掲載していても、なかなか応募が無いのが昨今の現状だと私は感じています。

採用がうまくいっている企業

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次