金型・部品加工業専門コンサルティング

金型・部品加工業専門コンサルティング(加工コンサル)は、金型メーカーや、マシニングなどの機械加工業を専門とする経営コンサルタント事務所です。

TEL.0566-21-2054

事務所所在地: 愛知県刈谷市

金型メーカーや機械加工業の原価管理はどのようにやれば良いですか?

FAQ

金型メーカーや機械加工業の原価管理はどのようにやれば良いですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回は、金型メーカーや機械加工業におけるコストの構造と原価計算のやり方、またコスト削減方法などをみていきます。

機械加工業の方で、材料費や購入品費が関係ないという場合は、「工賃」の項目を中心にご覧ください。

 

まず、おおまかに金型のコストは下図のような構造になっています。

 

金型のコスト構造

 

では、これらを順にみていきたいと思います。

 

材料費とは

主に、金型で使用する鋼材を購入する費用になります。

鋼材メーカーから専門商社などを経て、購入することが多く、SS400、S50C、SK105(旧SK3)、ダイス鋼など、それぞれkgあたりの単価で設定され、そのkg単価が材料ごと、またメーカーごとに異なります。

ここ最近は、黒皮仕様で購入するのではなく、フライス加工された状態で購入することが多く、一般的にはそのフライス加工費も上乗せされています。

 

購入品費とは

株式会社ミスミグループ(通称「ミスミ」)の市販部品などを購入する費用を指すことが多いです。もちろん大手、ローカルメーカー含め、他にも部品メーカーはたくさんあります。

一般的に規格部品は、社内で自作するより購入した方が安い場合が多いです。これをスケールメリット効果と言います。

 

外注費とは

主に、社内生産がオーバーフローしたとき、外注業者に依頼した場合に支払う費用を言います。

その他にも、社内の機械では対応できない部品を外注することもあります。

ここ最近よく使われるコーティング費用も、この外注費に含みます。

 

主な外注パターンとして、①金型そのものの製作を依頼する、②構成部品の加工を依頼するといった2つがあります。

 

その他、経費の内訳

これは、工場運営にかかわる経費を指します。例えば、電力費や水道代、工場家賃などがあります。

また、製造のための経費として、工具やツーリング、消耗品なども含みます。
消耗品には、機械油、タッピングペースト、軍手、その他諸々あります。

 

工賃とは

工賃には、下図のように、作業者の工賃と、機械加工の工賃があります。

2つの工賃

 

工賃は、材料費や購入品費、外注費などのように、工番により金型ごとに費用を紐づけできないため、金型や部品ごとにかかる工数で按分します。

そのため、時間あたりの原価を使い、これをチャージとかレートなどと言います。

 

工賃計算のやり方

工賃の計算は、下図のように計算します。

工賃計算のやり方

機械償却費とは

「機械償却費」とは、機械購入費を使用する期間(年単位)で割って、それぞれの年の費用として計上することを言います。

わざわざそのようにするのは、設備投資として本来は買った年だけでなく、使用期間ずっと投資効果が得られるのに、買った年だけの莫大な費用にするのは不適という理由で、使用期間に購入費用を分配するためです。なお、ソフトウェアも同様に計算します。

 

金型原価計算の事例

ではここで、簡単な原価計算の事例をみていきます。下の例の金型の原価はいくらになるでしょうか。

原価計算の事例

工賃の計算は次のような計算で考えます。

工賃の計算

計算結果は次のようになります。

計算結果

トータルの金型原価は、次のようになります。

総金型原価

 

実際には、営業部門がこの金型原価に利益と管理費を上乗せして、売価を決定します。

 

コスト削減の方策

それでは各費用ごとに、コスト削減の方策について見ていきます。

 

コスト削減の方策【材料費】

  • プレス生産ロット数に応じた金型構造と材料を選定する。材料の種類ごとにkg単価が異なるため。
    高価な材料は、耐久性があるが値段も高い。
  • 入れ子構造を採用し、大きなプレートを高価な材料にしない。
  • 材料販売業者ごとに、材料単価が異なるため、複数業者から見積もりを取る(あい見積もり)。
  • 材料メーカー・商社ごとに安くできる鋼材の種類が異なるので、あい見積もりを取る方が望ましい。

 

コスト削減の方策【購入品】

  • プレス生産ロット数に応じ、市販品を採用する。
  • 基本的な考えとして、市販品を減らせば、社外に支払うキャッシュは減らせる。
    例えば、生産ロット数が少なければ、穴抜き部のボタンダイはやめて、ダイスを直接ワイヤーカットして切り刃にするなど(保守作業性を犠牲にして購入コストを下げる)。
  • 試作金型であれば、ガイドポストを省略するなど(インナーガイドのみの構造にする)。

 

コスト削減の方策【外注費】

  • まず第一に、オーバーフロー外注をできるだけ減らす。基本的に、技術的に社内でもできるものを外注することになるため。
    基本的な心構えとして、自社がお客様に金型を売るとき、一定の利益を上乗せするように、外注業者も自社に対し、かかったコストに一定の利益を上乗せしてくると考える。
    したがって、あまり外注業者を使いすぎると、本来自社が儲けるべき利益が無くなってしまう。
  • コーティングも材料のkg単価で計算されることが多く、高価であるため、プレスの生産数に応じて採用する。

 

コスト削減の方策【工賃(作業者)】

  • 機械加工は、段取りの工数削減を積極的に行う。
  • NC機ばかりではなく、加工内容に応じて汎用機も活用する。
  • 可能な限り、多能工化を図る。1人ひとりが何種類もの仕事ができるようになると、掛け持ち作業ができるようになる。
    その結果、各工程それぞれの負荷のピーク時に応援ができ、ムダに人員を増やすことを抑制できる。
    売上・利益と人件費のバランスがとりやすくなる。
  • トライ作業はトライ&エラーの連続になり手離れが悪いため、コンピュータ解析を使って計画的に作業できるようにする。
  • 設計時に加工定義も一緒に行う「フィーチャー設計」を導入し、CAMデータ作成工数を削減する。

 

コスト削減の方策【工賃(機械加工)】

  • 放電系の加工(ワイヤーカット加工など)は高精度である反面、加工速度が遅いので、可能な限りマシニング加工化を図る。
  • マシニング加工の条件を見直し、加工速度をUPさせる。
  • 最新工具を積極的に調査し活用する(エンドミル&穴加工)
  • 夜間の無人運転を積極的に活用する。
  • 緻密なスケジューリングを行い、手待ち時間を減らす(専用ソフトもある)。

 

まとめ

ここまで見てきた、材料費や消耗品費、外注費などの費用を減らすと、下図のようなイメージで会社の利益が増えます。

利益増加の仕組み

 

ただし、人件費と機械償却費は「固定費」であるため、現場改善しても基本的には費用は減りません。

しかし、改善することで工数が下がり、その結果、型費に含む工賃が下がると、金型ごとの原価が下がることで価格競争に強くなります。

 

また工数が減れば、その分「生産余力」が増えることで、受注できる金型面数が増え、売上がUPできる余地ができます。

 

さらに、下図のようなコンカレントエンジニアリングという手法でリードタイムを短縮すると、受注できる金型面数を増やすことができていきます。

 

コンカレントエンジニアリング

 

材料費、購入品費、外注費を減らしていくことは、もちろん重要で、これは利益UPに直結します。

しかし、金型メーカーで働く皆さんのお給料である「人件費」については、私もこの業界に関わる人間の想いとして、むしろ増えていってもらいたいし、最新機を導入することで、機械償却費が増えることも仕方ないと思っています。

 

したがいまして、費用を削ることも重要ですが、企業利益を継続的に増やしていくためには、下図の当事務所の方針図のとおり、①改善で生産の余力を作り、②受注量を増やす、これが最も有効だと思っています。

金型・部品加工業専門コンサルティングの方針図

 

最後、補足になりますが、会社によってはマンチャージとマシンチャージに、利益分を含んで計算する場合もあります。

この場合のチャージは、原価のチャージではなく、売値のチャージになります。

 

この件については、当サイトのこちらのコラム記事で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

 

技術コラムが本になりました!

金型メーカー・機械加工業の管理・改善の教科書

 

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

 

 

【期間限定】専門プロによる無料の現場診断サービス

「うちもいっぺん見てもらおうか」

御社の製造現場を、金型・部品加工業専門のプロ・コンサルタントの目線から一度、無料の健康診断を受けてみませんか?

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

 

 

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング

代表:村上 英樹(中小企業診断士)

愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA