量産体制に入った金型改修のあるべき段階的対処について

目次

量産体制に入った金型改修の段階的対処について

今回は、すでに量産体制に入った金型において、例えば故障や製品不良が起こった際に行う金型改修の後にとるべき処置について見ていきたいと思います。

何といっても量産体制に入っていますので、生産中の金型トラブルということになれば、事は急を要すると思いますので、まずは応急的な処置を行うかと思います。

例えば、パンチが折れたり、ダイスが割れたりといったトラブルに対する処置が考えられます。

また、順送プレスであれば、跳ねあがりや腰折れ、吊り上がり防止のための追加部品を取り付ける処置もあるかもしれません。

そういった金型は、設計上の問題であれば、生産計画のロット数が打ち終わり次第、プレス機から降ろされるタイミングなどで、再発しないよう恒久的対策が取られると思います。

ここまでをまとめますと、

  1. 金型トラブルが発生→応急処置
  2. 再発防止のため→恒久処置

といった手順で、対策が取られると思います。

私が見てきた中で、ここまでの流れを社内の標準的なプロセスとしているメーカーは多いです。

しかしながらもう一段階、この先の「標準化」プロセスが必要です。

例えば考え方として、金型A、金型B、金型Cなど、個々の金型(製品)それぞれに対してとられる対策が応急処置恒久処置であり、発生するトラブルごとにカテゴリーを分け、複数の金型で共通的な対策を設計段階から盛り込んでいくのが「標準化」の考えです。

例えば、順送プレスであれば、カス上がり対策としてストリップレイアウトにおけるサイドトリムや分断トリムの形状に引っ掛かりを設けるとか、吊り上がり対策では、上型に板厚や形状に応じた一定のルールで払い機構を設けるなどがあります。

こうした標準化は、いずれ社内の「設計規格」として文書化していくことになり、金型メーカーに外注する際の「金型仕様書」として使うこともできます。

ちなみに設計規格には、金型コストに応じた「グレード」別の標準ルールも盛り込まれることがありますが、この場合まずは、松竹梅のうち、の品質で標準化し、掛けられるコストに応じて、といったように段階的なグレートダウンを行って標準ルールを設定していく手順が望ましいと思います。

まとめ

最後にここまでをまとめますと、

  1. 金型トラブルが発生→応急処置
  2. 再発防止のため→恒久処置
  3. 設計段階から盛り込める対策を作る→標準化

ぜひ、恒久処置だけで終わらず、標準化のステップまでを社内プロセスにして、強固な自社の「設計規格」を作り上げてください。

この点については、社内で金型を内製している、していないにかかわらず必要なステップかと思います。

参考になれば幸いです。

   

   

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

   

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

【期間限定】専門プロによる無料の現場診断サービス

「うちもいっぺん見てもらおうか」
御社の製造現場を、金型・部品加工業専門のプロ・コンサルタントの目線から一度、無料の健康診断を受けてみませんか?
詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

   

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

目次
閉じる