加工現場における【課長】という立場の大変さ

課長という仕事の大変さ

加工現場における【課長】という仕事の大変さ

【コラムの概要】
今回のコラムは、金型メーカーや部品加工メーカーにおける「課長」という立場の方の苦悩について書いております。概要としては、一段上の部長との違いの視点で、もちろん立場上の責任の重さは異なりますが、課長という立場は直接現場から突き上げを食らう可能性があるという点で、心理面で大きな負担が起こり得るというものです。ですがそもそも課長をやられている方々の職歴やスタンスもありますので、一概に共通してというわけではもちろんありません。そうした中で一例をあげながら、この大変さの内容に触れております。

金型メーカーや部品加工メーカーにおける【課長】というお仕事は本当に大変だと思います。

ある課長さんが言っていた言葉がとても印象的でした。「もう一段上の「部長」になってしまえば楽になるんだけど・・・」

「部長」という立場が楽かどうかは置いておいて(私は楽だとは全く思っていませんが)、「課長」という立場は一つ上の部長よりも密接に、直接現場を指揮しなければならない点で大変さがあると思います。

この「部長になってしまえば」と言っていた課長さんは、生産管理の仕事だけをメインにやってきた人で、現場加工のことは全くわからない人でした。

そのため現場の作業者から突き上げを食らうことが多く、そのうえ具体的な技術面でのアドバイスをすることもできないため、とても悩んでいました。

一方、上の部長からは「業績が悪いから何とかしろ!」と言われ、一方現場は中々思うように改善意識を持ってくれない、・・・といったように、金型メーカーや部品加工メーカーの【課長】は、とかく部長と現場からの板挟みになることが多いようです。

加工をやっていない課長の苦悩

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次