人材育成の前提となる「ブラックリスト方式・ホワイトリスト方式」という考え方

目次

人材育成の前提となる「ブラックリスト方式・ホワイトリスト方式」という考え方

金型メーカーや部品加工メーカーでの人材育成を進めていくにあたり、私が大前提としていることがあります。

情報セキュリティ分野には「ブラックリスト方式・ホワイトリスト方式」という考え方がありますが、これは何かというと、インターネットにおけるファイアウォールなどで不正アクセスを防ぐ手段として用います。

アクセスを許可するアドレスやアカウントを事前に決めておく方式が「ホワイトリスト方式」で、逆にアクセスを遮断するアドレスやアカウントを決めておく方式が「ブラックリスト方式」です。

違いがお分かりいただけますでしょうか。

セキュリティ効果が高いのは、事前に許可されたものだけしかアクセスが許されない「ホワイトリスト方式」の方です。

「ブラックリスト方式」は、もし管理者側が気づいていない悪意ある侵入者があり、その登録が漏れていれば、その侵入を許してしまうことになります。

逆に「ホワイトリスト方式」は許可されていなければ、不正ではないアクセスも全て遮断してしまうリスクはありますが、不正侵入のリスクは極めて低くなります。

 情報セキュリティの解説ではないので、ここまでにしておきますが、まずはホワイトリスト方式・ブラックリスト方式の違いについてご理解いただければ幸いです。

 これが金型メーカーや部品加工業での人材育成とどう関係するかと言いますと、例えば金型メーカーであれば、金型製作に必要な知識やスキルについて、金型の作り方を社内で標準化しておき、その範囲の中で「やってもいいこと・やるべきこと」を教育していく方法がホワイトリスト方式で、逆に「これだけはやってはいけないこと」だけを決めた中で、その他は自由度を持たせ、知識やスキルを習得させる方式がブラックリスト方式になります。

 私が、人材育成のテーマでコンサルティングを依頼される際は、いつも「この会社はどちらの方式が適切だろうか?」を、まずは考えるというわけです。

 とはいえ、金型にかけられるコストやリードタイムが非常に厳しくなっている今、ほとんどのケースでホワイトリスト方式の教育が求められています。

 個々のスキルや金型品質にバラつきがあってはならないうえ、習得期間についても最短であることが求められるためです。

 思えば私が30年前、プレスメーカーの金型内製部門ではじめて現場に入った頃は、完全にブラックリスト方式でした。

 2次元で設計された金型構造図面は、組図だけが現場に渡され、その構成部品、例えばプレート部品やパンチ、ダイなどの形状は自分たちで読み解かなければならず、現場の加工者自身でバラシ図を手書きで書き、それをもとに加工していきます。

またその部品同士の隙間、例えばパンチとストリッパーとのクリアランスなどは自分たちで決めていきます。

また締結用のキャップボルトが入る貫通穴などについては、例えばM12用であれば、φ13.5であろうがφ14であろうが、どちらであってもさほど問題にはなりません。

ただ自分の肌感覚で、当時主力だったラジアルボール盤において穴加工すると、φ14をいきなり加工すると負荷が大きかったのでφ13.5にしていたというように、さすがにφ12.5では穴同士の位置が合わないなどの問題が起きるため、設計者や保全担当者からNGが出されますが、それ以外なら自分の判断で加工ができました。
と言いますか、やらざるを得ませんでした。これはまさにブラックリスト方式の金型人材育成の方法だと言えます。

 当然、ブラックリスト方式での教育は時間がかかります。また、ある程度の応用力が育つ期待が持てる反面、相当の失敗をも経験することになります。

 ところが前述したように、金型コストやリードタイムが非常に厳しくなった今、このような失敗により経験を積ませる時間もありませんし、金型製作の方法として主流になっているのは、分業体制であるため、ブラックリスト方式の教育は適しません。

 その理由として、例えばある程度の人数が加工現場にいる場合、CAMデータ作成とマシニングセンター・放電加工のオペレーターは、別々の担当者に分かれていることが多いですが、先ほどのようなCAMオペレーターごとに、使用するドリル径やエンドミル径や種類などに個人差があったり、その日の気分で変えたりすると、とたんに機械の段取り効率性は低下したり、工具購入コストなどにも悪影響が出てしまいます(工具在庫が増える)。

 これは全ての工程で言えることで、個人に大きな自由度を持たせ過ぎてしまうと、デメリットの影響度の方が大きくなってしまうため、近年の金型人材の育成においては、ホワイトリスト方式、つまりある程度の業務を標準化しておき、それを周知させていく方法が適していると考えています。

 ただし、ある程度の上級者であったり、また創造性を伸ばす観点での育成という面でホワイトリスト方式は逆効果になるリスクがあり、こうしたケースではブラックリスト方式の方が適する場合もあります。

さて、ホワイトリスト方式における人材育成では、例えばマシニング加工のオペレーションなどにおいては、標準化によるホワイトリスト化と、その周知が基本となります。

最後になりますが、ホワイトリスト方式による教育においては、日々そのホワイトリスト化する標準化の範囲を広げていくことが企業の技術力UPにつながります。

今回も参考になれば幸いです。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

「金型メーカー・機械加工業のための自己診断ハンドブック」が発売されました!

自己診断ハンドブックの販売

私がコンサルティングの初回訪問時や、無料診断サービスにおいて、訪問先企業の製造現場で確認する項目を解析付きで紹介しています。

金型メーカーや部品加工メーカーに皆さまに、自社をセルフチェック自己診断)するために使っていただければと思っております。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

ミドルマネジメント層向け人材育成セミナーのレジュメを販売いたします

セミナーレジュメの表紙

ミドルマネジメントの人材育成のテーマで、講演をさせていただいた際に作成したレジュメ(当日映写したパワーポイントファイルと同じものです)を販売いたします。

日程や生産管理、品質管理だけが幹部・管理職の仕事ではありません。儲けるためのマネジメントが必要です。

そういった視点や意識を持ってもらうためのきっかけとしてオススメの一冊です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる