【マシニング加工条件の身近にあった問題】もしかしたら灯台の下が暗くなっているかもしれません

マシニング加工現場における灯台下暗し的な問題

【マシニング加工条件の身近にあった問題】もしかしたら灯台の下が暗くなっているかもしれません

【コラムの概要】
今回のコラムは、マシニング加工における松葉押さえによるクランプを例にとり、加工内容が厳しいため徐々に条件を落としていたが、真の原因はそこじゃなかったという事例です。事例企業では今回の主原因に全く目がいっていなかったため、今回の問題点を「灯台下暗し」的な課題として扱うことにしました。詳しくはぜひ本編でご覧ください。

先日ある金型メーカーさんのマシニング加工現場を見させてもらったのですが、あまり今ドキとは言えない工具を使っていたうえ、その加工条件がとても遅く、その経緯をお伺いさせてもらうということがありました。

こちらの会社では、金型を設計をしている設計者の方が、そのままCAMを使って、マシニングセンターやワイヤーカットの加工データを作り、それを現場の機械オペレーターに提供するというスタンスをとっており、その設計者の方に言わすと、工具が折れたとか、加工中ワークが動いてしまったなどのフィードバックがあるたびに、加工条件をどんどん落としていった結果、今のかなり遅い条件になってしまったとのことでした。

深い溝が入り組んだような厳しい加工などであれば仕方ないとして、こちらの会社の金型は、一般的な厚さのプレートを重ねて合わせて構成する金型構造でしたので、頻繁にワークが動いてしまうような過酷な加工は多くないようでした。

一方、こちらの加工現場は、これまで何度か見させてもらっていたのですが、私の方から毎回ある問題を指摘させてもらっていました。

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次