【金型メーカー・部品加工業の処世術】自分の意見を通したい時に必要な2つの能力

加工メーカーにおける処世術

【金型メーカー・部品加工業の処世術】自分の意見を通したい時に必要な2つの能力

今回は、金型メーカーやマシニング加工などを行う機械加工メーカーなどでお仕事をされる方が、社内に何か大きな意見を通そうとする際に、必要となるスキル・能力についてお話ししたいと思います。

と言いますのは、私のようなコンサルタントを活用して社内で何かプロジェクトが行われる際には、例えば、CAD/CAMソフトを総入れ替えするとか、新しい工作機械を複数台入れるとか、これまでのセル生産体制から分業体制に移行するなど、何かしら大きな変革を伴うことがあります(そもそも私のコンサルティングは大きな投資はせず、現有設備で行うことを信条としていますが)。

こうした大きな改革の際にはやはり、推進派と慎重派が生まれ、変革を進めようとする改革リーダーの前には大きな壁が立ちふさがるものです。

こうしたプロジェクトの時に限らず、社内で大きな意見を通そうとする場合には、まさに処世術とも言える2つの能力が必要となると私は思っています。

その能力とは次の2つです。

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる