混同していませんか?コストダウンに対する2つのアプローチ

コストダウンに対する2つのアプローチ

混同していませんか?コストダウンに対する2つのアプローチ

金型メーカーや部品加工メーカーにおいて、提案制度などを設けて、日々改善に取組まれている企業さんは多いです。

これはとても素晴らしい取り組みだとは思いますが、そのわりになかなか成果を出すことが難しく、経営が良くなったとか、部門利益がどんどん増えた!という話はなかなか聞きません。

今回はその実態、理由について触れていきたいと思います。

まず改善活動を積極的に実行している会社さんには、前提として「できるだけ安く作るように」という指示がトップから出ていることが多いです。

これはこれで必要なことですし、望ましいトップダウン指示だと思いますが、この「安く作れ」には2つのアプローチがあり、多くの会社さんでこれをごっちゃに混同してしまっているという問題点があります。

この「安く作れ」の2つのアプローチとは次の2つを指します。

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる