金型・部品加工の納期設定、長期で苦手な人必見

ワイヤー放電加工のボトルネック解消:±0.01ミリ公差の加工方法選択が鍵

金型・部品加工の納期設定、長期で苦手な人必見

今回は、金型メーカーや部品加工メーカーにおける納期設定の考え方をテーマとしてお話ししたいと思います。

納期設定は、仕事の品質や顧客満足度に大きく影響する重要な要素です。

しかし、納期設定に悩む人も多いのではないでしょうか。特に、中長期で工期が長い案件では、どうやって日程を組んで回答すればいいのか、迷ってしまうこともあるでしょう。

長期目標の管理が苦手な人の特徴

私はクライアント企業の現場での指導の中で、長期の日程の目標を管理するのが苦手な人に会うことが多いです。

例えば、1週間とか2週間、それ以上の工期がかかる案件について、納期回答を依頼されると、正確な日程回答ができず、過剰に長い日程を回答してしまったり、いざ仕事を受注すると、納期を守れなかったりしてしまうことがあります。

そもそも、この業界でお仕事をする人は、長期目標の管理を得意とする人とそうでない人がいます。

長期目標の管理ができる人は、例えばスポーツ選手で言うと、イチローや大谷選手のような、何年先の大きな目標を達成するために、今をどうすれば良いかを考え、目標達成までの進捗管理ができる人です。

しかし多くの人がそうではなく、大きな目標設定よりも、今を最良にすることを考えて日々生きていると思います。どちらかと言えば、私もそのタイプに近いです。

長期目標の管理が苦手な人が実践すべき二つのポイント

したがって、中長期の納期に対する目標設定や、納期までの進捗管理が苦手な人は、以下の二つのポイントを意識してみてください。

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次