【今さら聞けない】IOTの活かし方は業態によって異なる?

IOTの活かし方は業態によって異なる?

【今さら聞けない】IOTの活かし方は業態によって異なる?

【コラムの概要】
今回のコラムは、近年注目を浴びているIOT技術について、金型メーカーや部品加工メーカーで導入を検討するにあたって、そのメリットを検討するにしても、業態によって活かし方は異なるのではないか、業態によっては積極的に導入した方が良い場合と、その他の業態によっては優先するべきものが異なる場合もある、といった点に言及しています。詳しくは本編をご覧ください。

新年あけましておめでとうございます。今年も当事務所のホームページをよろしくお願いいたします。

さて、金型メーカーや部品加工メーカーの業界も、昨年のJIMTOFの様子を見てもわかるように、益々IOTやDXといった新しいとされる技術が注目を浴びており、当事務所としてもこれらを金型メーカーや部品加工メーカーの皆さんにオススメしていかなければいけない流れなのかと少し焦りを感じたりもするのですが、

もちろん今後必要になるであろう新しい機能を持った工作機械やソフトウェアに注視しつつも、冷静な第3者の目で、売り手側の思惑に流されないよう中立的な立場で金型メーカーや部品加工メーカーの皆さまのサポートをしてまいりたいと思っております。

とは言え、「まぁそういった最新技術もそうなんだけど、ウチはそれ以前にまだやることがある」といった金型メーカーや部品加工メーカーも多いのもまた事実ですので、そういった会社のご支援も大切だと思っております。

さて近年スポットを浴びているIOT技術についてですが、人のスキルや管理がまだ整っていないという金型や加工メーカーさんも含め、焦って導入する前に、きちんと目的をもって検討し、その目的によっては慎重になるべきとのコラムを以前書かせていただいたこともあります。

今回はもう少し深堀し、タイトルにもあるように、業態によって目的や活かし方が異なるのではないか、という視点で書いてみたいと思います。

続きを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください。 新規会員登録はこちら

銀行振込でも可能です。また本サイトで本をご購入いただいた方も有料会員に登録できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次