【今さら聞けない】分業化時代に適したスキルマップとは?

目次

【今さら聞けない】分業化時代に適したスキルマップとは?

今回のテーマであるスキルマップですが、製造業の現場においては、ほぼ当たり前のように必要だと言われていますが、10年、いや20年以上前の、金型メーカーや単品部品加工業において、個人の技能が主体だった時代のスキルマップと、昨今の各オペレーターに分業化された製造現場においては、同じスタイルのスキルマップで良いのでしょうか。

結論から言いますと、私は同じではないと思っています。

そもそも個人技能主体だった頃、例えば、フライス作業やマシニング作業を例にとると、自分で図面を見ながら段取りや加工プログラムを考え、工具なども自分で選び、最後の測定まで自分1人で行っていました。

そうなると、当然個人差ができ、加工の速さ及び、正確性などについて差や個性が出てくるというわけです。

しかし、CAMデータ作成や機械段取り、最終測定などが分業化された今現在、この個人差や個性はあっていいものでしょうか?

当然良くないですよね。

点数評価が適するのか?

スキルマップの各項目での点数評価としてつけられる「〇〇作業ができる」などの表現についても、以前の評価は、応用力・創造力を含めた意味での「できる・できない」であったと思いますが、今現在のあるべきスキルマップにおいては、しっかりと標準化され、個人差のない手順においての「できる・できない」で評価されるべきかと思います。

逆にこれを行わないと、品質や能率にばらつきを生んでしまうことになりかねません。

そういった意味では、そもそも「点数」評価ということ自体が、分業化時代のスキルマップには適さないかもしれません。

例えば、前述したキーワードで、「段取り」作業においては、従来は、まわりのメンバーが「へぇ」と感心するような段取り方法を思いつくとか、「加工プログラム」においては、人一倍打ち込みが早いとか、サブプロ構成やパラメーター調整まで詳しいとか、「工具選定」においても、まわりのメンバーが「あ、その工具で仕上げまでやっちゃうんだ!」などと驚くような使い方・加工条件まで知っているなど、従来の評価では、むしろ個人差があることが高い評価となっていた傾向がありました。

しかし昨今の分業化時代で、このような個人差があると、例えば、Aさんの作ったCAMデータは、使用する工具が多い・ドリル径も独特とか、Bさんの作ったCAMデータは、慎重すぎるため加工時間が長く、昼間にかけられるものが少ない、などといった悪影響が際立ってしまい、後工程である機械オペレーターの混乱や迷惑につながってしまいます。

まずは自社の「当たり前」「通常のやり方」を整備することが先決

したがって、もしスキルマップを作るなら、細分化された各作業プロセスが、できているか・できていないかの確認に焦点を絞り、標準化を意識したものが適するかもしれません。

いずれにおいても、まずは自社の「当たり前」「通常のやり方」を整備する方が先になると思います。

最後に。では、応用力・創造力に長けた人の評価はどうなるのか?ですが、これについては、別途その項目で点数評価をするべきかと思います。

例えば、生産性・安全環境整備などの項目に分けて、どの程度、改善・改革に貢献しているかを評価するということです。

もちろん、その提案した改善内容が、全員で共有した方がよいものであれば、新たな標準として、各自のオペレーションに組み込まれることになります。

そういった意味で、無秩序に個人技を作らない・作らせないという社内ルールを整備するということは、応用力・創造力のある人にとっては、少し窮屈かもしれません。

そういった人の能力を最大限発揮させつつ、また全体最適も図り、品質・能率の個人差がない製造プロセスをつくる。難しいことではありますが、そういった仕組みを作らないと、分業化の真の効果は発揮されません。

御社のスキルマップはどのようなコンセプトで作られていますでしょうか。一度、自社の製造スタイルに適合しているか、見直しされてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

「金型メーカー・機械加工業のための自己診断ハンドブック」が発売されました!

自己診断ハンドブックの販売

私がコンサルティングの初回訪問時や、無料診断サービスにおいて、訪問先企業の製造現場で確認する項目を解析付きで紹介しています。

金型メーカーや部品加工メーカーに皆さまに、自社をセルフチェック自己診断)するために使っていただければと思っております。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

ミドルマネジメント層向け人材育成セミナーのレジュメを販売いたします

セミナーレジュメの表紙

ミドルマネジメントの人材育成のテーマで、講演をさせていただいた際に作成したレジュメ(当日映写したパワーポイントファイルと同じものです)を販売いたします。

日程や生産管理、品質管理だけが幹部・管理職の仕事ではありません。儲けるためのマネジメントが必要です。

そういった視点や意識を持ってもらうためのきっかけとしてオススメの一冊です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる