ミドルマネジメント層へ向けた人材育成セミナー内容のご紹介③(型技術2021年5月号掲載)

目次

ミドルマネジメント層へ向けた人材育成セミナー内容のご紹介③(型技術2021年5月号掲載)

3月号から昨年12/1に筆者が講師として福岡県金型研究会で話した、部長や課長などのミドルマネジメント層向けセミナーの内容を紹介している。

これまでミドルマネジメント層が管理するべき4つの指標、(1) 労働分配率、(2) 社員一人あたり付加価値額、(3) 時間あたりの付加価値額、(4) 損益分岐点の確認について、数値事例を使った管理のポイントと改善への取り組み概要を紹介した。

今回も引き続き、どのような取り組みによって各指標を改善していくのか、その具体策について解説する。

多能工化に向けた教育をどのように行うか

 「多能工化、わかっちゃいるけど、その教育をやる時間が取れないんだよね」と言われる企業は多い。

まずは、カリキュラムとスケジュールを事前にしっかりと作り、毎日もしくは、週2回や3回に1時間の時間を取ることで、定期的かつ計画的な勉強・練習を行えば充分にその効果は得られる。

また多くの金型や加工メーカーでは、スキルマップなどを使ってその力量を評価し、実務での役割分担などに利用しているが、実態としての日々の生産活動に寄与できていないこともよく耳にする。

例えば、自分が普段担当している以外の作業で、スキルマップでは〇とか◎、5点満点中5点や4点など高得点が取れているため、いざその業務に入ろうとするが、思うように作業ができなかったりするといった状況がある。

そういった問題を打開するため、次の2つの面からの能力評価方法を推奨している。

  • 知識面:ペーパーテストにより、社内で直接使う知識を標準化・確認する
  • 技能面:実際にどこまでのものが作れるのかを確認する

知識面:ペーパーテストにより社内で直接使う知識を確認

実際に筆者が企業の中で研修をやらせていただく際、金型技術に関心を持っていなさそうな若者でも、後でペーパーテストを行うことを伝えると、かなり真剣に講義を聞いてくれる。

これについては複数人で共通した指標を使い、点数という統一した基準で評価されることに一定の危機感を感じてくれるためだと考えている。

したがって、まずは社内で共通したペーパーテストを作り、知識面での評価と確認を行うことを推奨している。

例えば下図は、プレス金型メーカーにおける事例であるが、社内で採用している金型構造で用いる鋼材の種類にあたって、使い分けの基準をきちんと認識できているか確認するためのペーパーテストである。

この事例では、市販図書に書かれている一般的な知識だけに留まらず、実際に社内の事情に合わせて、例えばコストや耐久性などの条件に応じて、どのように使い分けされているかの認識を確認する。

また下図も同様で、金型で使用される鋼材において、一般的な知識である成分や特性だけに留まらず、「Co2アーク溶接を使う場合がある」、「はめあいによる仕上げ加工の有無」など、実際の社内の事情に合わせて、きちんと鋼材の違いを認識しているかを確認する。

下図は、いざ多能工としてCAM作業に入ろうとしたときに、各金型部品において、実際の加工順序を適切に認識しているかの確認をするためのペーパーテストである。こうしたプレート加工においては、熱処理の有無によっても加工順序や仕上げ代などについて個人差が発生しやすい。

技能面:実際にどこまでのものが作れるのかを確認

次に技能面の評価方法については「どの難易度のものまで加工できるか」の視点で確認することを推奨している。

これもCAM作業を例にして多能工実務を当てはめてみると、段取り方法や加工順序を考える能力、工具選定、NCプログラムを作れる能力によって、実際にどこまでの難易度のものまで対応できるか、よくわからない。

そのためいざスキルマップの評価に従い、多能工としてCAM作業に入ろうとした際、実際これから作るモデルを目の前にしたときに、うまく加工データを作ることができなかったということがある。

そこでスキルマップでの評価にありがちな個別に分解した要素技術での評価だけでなく、図4に示すような自社での加工サンプルを用意し、段階的にどの難易度のものまで実際に対応できるのか評価する方法を推奨している。

下図の事例では、左上から右下になるほど難しくなっている。

例えば左上のワークでは、CAMの基本操作を一通り知っていれば加工データは作れると思われる。しかし右下のワークになると、薄肉の部位が存在するため、材料の種類にもよるが、どの段階で穴加工を行うのか、仕上げ代はどのくらい必要なのか、多面加工はどの順序で行うのかなど、品質面でも気を使う箇所が多いため、CAMの操作を知っているだけでは、いざ多能工として実務に入ろうとしても、対応できる人は限定される。

そのためこうした実務に即した評価方法による教育体制を作り、いつでも多能工として実務に入れるよう、ミドルマネジメント層主導のもと、準備をしておくべきである。

また、知識面で紹介したペーパーテスト、技能面の評価で使用する加工サンプル、いずれにおいても、社内でベストな方法を標準化し、統一しておくことが望ましい。

教える先輩ごとにやり方が異なるようでは、教えられる部下や後輩にも個人差が生まれてしまうため気をつけたいところである。

多能工化のもう一つのメリット

労働分配率への寄与の面から、多能工化のメリットを整理すると次のようになる。

  1. 複数の仕事を受け持つ社員を増やすことで、過剰に人員が増えることの抑制になり、人件費を抑えることができる。
  2. 同じく複数の仕事を受け持つ社員が増えることで、生産能力が高まり、受注量を増やすことができる。
  3. 手待ちが減ることでリードタイム削減に寄与する。やらなければいけない作業はあるが、今やれる人がいないという状況を減らせる。
  4. 後工程に伝えるための指示書・手配書などを作る間接コストを無くすことができる。

筆者が特に金型メーカー向けに推奨する多能工化のメリットとして、上記4.の「間接コストの削減」がある。

その取り組み方として、次のようなものがある。

  • 金型の構想設計を行ったついでに構造設計まで行う。
  • 部品バラシ図を作図したついでにCAMで加工データまで作る。
  • 加工データを作ったついでにマシニングやワイヤーカット加工の段取りまで行う。
  • 機械加工を行ったついでに手仕上げ作業までやる。
  • 機械加工のついでに型の組み立てまで行う。
  • 型組み立てを行ったついでにトライまで行う。

これらに含まれる「ついでに」がポイントで、自分一人でできるようになった作業のすぐ後工程の作業に着眼し、指示書や要領書を作らなくて済む作業から取り組んでいくと間接コストの削減につながる。

人件費の削減だけでなく、製造キャパシティを増やしたり、間接コストを削減したりなど、様々な効果が得られるため、ミドルマネジメント層として多能工化については、ぜひ計画的に部下に取り組ませていただきたい。

以上、今回はここまで。次回からは労働分配率における分母側の付加価値を増やしていく取り組みの具体策について解説する。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

「金型メーカー・機械加工業のための自己診断ハンドブック」が発売されました!

自己診断ハンドブックの販売

私がコンサルティングの初回訪問時や、無料診断サービスにおいて、訪問先企業の製造現場で確認する項目を解析付きで紹介しています。

金型メーカーや部品加工メーカーに皆さまに、自社をセルフチェック自己診断)するために使っていただければと思っております。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

ミドルマネジメント層向け人材育成セミナーのレジュメを販売いたします

セミナーレジュメの表紙

ミドルマネジメントの人材育成のテーマで、講演をさせていただいた際に作成したレジュメ(当日映写したパワーポイントファイルと同じものです)を販売いたします。

日程や生産管理、品質管理だけが幹部・管理職の仕事ではありません。儲けるためのマネジメントが必要です。

そういった視点や意識を持ってもらうためのきっかけとしてオススメの一冊です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる