【プレス金型の抜きパンチ折れの対処方法】間違った対処をしていませんか?

目次

【プレス金型の抜きパンチ折れの対処方法】間違った対処をしていませんか?

「抜きの金型で、ダイス鋼で作ったパンチがどうしても折れてしまうので、ハイスか超硬のパンチに変えたけど、なかなか良い結果が出ません」

このように、クライアントさんから相談を受けました。

まず重要になるのが、折れたパンチが、引っ張られて折れたのか、それとも、つぶれて折れた、どちらなのか、という点です。

もし、引っ張られて折れた場合、それは、板材を抜いた後、板材の中に入り込んだパンチを引き剥がすときに折れた可能性が高いです。ちなみに、そのときにパンチにかかる荷重のことを、「かす取り力」と言います。

このかす取り力にパンチの強さが負けて、折れてしまった可能性が高いです。

ということは・・・

この「引っ張り」の荷重に苦手な金型材料を使うと裏目にでることがあります。

例えば、一般的に耐摩耗性に対し、非常に強いといわれる超微粒子系の超硬合金ですが、引っ張りの荷重に対して、苦手な種類のものもあります。

むしろ、微粒子系でない超硬合金の方が、引っ張りの荷重に強いものもあります。

ですから、「パンチが折れた→もっと硬い金型材料を使う」については、その金型材料が、ただ硬ければ良いというわけではありません。その種類について慎重に選定したほうが良いということです。

また、パンチがつぶれて折れた場合については、これは「降伏強さ」の高い金型材料を使いましょう、ということになります。

ただ、なぜ折れるほど抜き抵抗が高くなってしまったのか、という問題はありますよね。

よく折れたパンチをルーペを使って、しげしげと眺めてみましょう。

側面が痛んだ抜きパンチの様子

いや、できれば、折れる前に見ておきたいですよね。10倍に拡大できるルーペで充分です。

抜きパンチが折れてしまった場合、まずは「どういう原因で折れたのか」そこから調べましょう。

それによって、取るべき対策が変わってきます。

とは言いましても、短納期、短納期対応で、なかなかゆっくり調べてる時間もないですよね(^ ^;)

※ 実際の加工においては、被削材の物性、機械剛性、工具の消耗状態、被削材のクランプ状態などの外的要因で、如何様にも状態は変化するため、実際の対処については、自己責任のうえ、充分な確認・検証を行ったうえで、加工してください。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

   

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

【期間限定】専門プロによる無料の現場診断サービス

「うちもいっぺん見てもらおうか」
御社の製造現場を、金型・部品加工業専門のプロ・コンサルタントの目線から一度、無料の健康診断を受けてみませんか?
詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

   

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

目次
閉じる