エンドミル加工、底面仕上げの送り条件は、まだ早くなりますか?

目次

「エンドミル加工、底面仕上げの送り条件は、まだ早くなりますか?」

先日このような相談をいただきました。

実際に使用していた工具は、

  • 超硬フラットエンドミル 6枚刃 φ16

でした。

さっそく、普段使っている条件で加工していただきました。

加工条件:S800 F200

被削材:S50C

その条件で加工した切削面の拡大写真が、次のものです。

加工コンサルティング中の切削加工面_1

Rz値を測ったところ、6.3zぐらいでした。

では次に、下記の条件で、同じように、底面仕上げの加工をやってもらいました。

使用工具:スローアウェイ 超硬チップ φ16 ノーズR2 2枚刃

加工条件:S3980 F1780

仕上がり面の拡大写真は、次のとおりです。

加工コンサルティング中の切削加工面_2

Rz値を測ったところ、同じく6.3zぐらいでした。

どうでしょうか。

相談企業さんは、主に小物の精密部品を加工しているのですが、オペレーターの方は、普段から、前述したフラットエンドミルを使って、S800 F200の条件で加工していました。

これは、切削速度に換算すると、

  • Vc=40m/分

ていどになり、超硬エンドミルを使って、S50Cを仕上げ加工するには、かなり物足りない条件です。

そこで、同じマシニングセンターのマガジンにセットしてあった、同じφ16のラジアススローアウェイ工具で、底面仕上げ加工してみた、というわけです。

それで加工した時の切削速度は、

  • Vc=200m/分

です。

同じRz値6.3zとはいえ、スローアウェイの方の条件は、F1780ですので、およそ9倍の送り速度が出せています。

このF1780は、6.3zを狙った計算式から算定したものです。

このように、少しでも効率的な工具を選び、定量的に計算式を使って、狙いどおりの加工条件を出していけば、より効果的にマシニング加工、フライス加工の生産性を改善していけます。

ぜひチャレンジしてみてください。

※ 実際の加工においては、工具材種だけでなく、被削材の物性、機械剛性、工具の消耗状態、被削材のクランプ状態などの外的要因で、如何様にも状態は変化するため、実際の加工においては、自己責任のうえ、充分な確認・検証を行ったうえで、加工してください。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

   

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

【期間限定】専門プロによる無料の現場診断サービス

「うちもいっぺん見てもらおうか」
御社の製造現場を、金型・部品加工業専門のプロ・コンサルタントの目線から一度、無料の健康診断を受けてみませんか?
詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

   

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

目次
閉じる