改善活動会議でうまく課題の洗い出しができません。どうしたら良いですか?

目次

改善活動会議でうまく課題の洗い出しができない

私は、クライアント先とのミーティングやヒアリングに連関図というものを使うときがあります。

これは、新QC七つ道具の一つで、主にブレーンストーミングなど、

会議やミーティングの参加者から集まった意見を整理するのに使われています。

私がこれを使っているのは、製造現場や企業全体の問題点を洗い出していくのに、とても便利だからです。

例えば、簡単な例では次のように課題を展開していきます。

連関図の部分一例

これは、「新規受注がうまくいかない」といった問題点に対し、「なぜ?」で問いかけて問題点をブレークダウンしている例です。

「なぜ?」で掘り下げていく場合や「どうしたらできる?」と解決案を徐々に挙げていくパターン、どちらでも使えます。

また、問題点を掘り下げたのち、短期長期、それぞれの視点で対策案を考えるのもオススメです。

例えば、「加工ノウハウがない」という掘り下げた問題についての対策案としては、

短期的な対策案として、

  • がんばって受注したい場合、もしうまく加工できなかった時の保険として、横請け受注してくれる協力メーカーを探しておく。
    助けてもらった際、その費用は持ち出しにはなるが、最悪、顧客に迷惑はかけなくて済む。
  • ミスが発生した際に溶接補修してもよいかの確認をしておき、肉盛り補修をしてくれる溶接業者を探しておく。
    特にSS400という材料は、溶接熱による硬化がないため、溶接補修を許可してくれる場合が多い。
    可能な限りリスクヘッジを考慮したうえで受注をする。
  • 納期まで余裕がない場合、特に高価でなければ予備の材料を購入しておく。
    1個目でうまくいき材料が余っても、在庫材として次の受注のリスクヘッジとして活用できる。

長期的な対策案として、

  • 今回はお断りをするが、自給できる材料の製品であれば、近日中にテスト加工をしてノウハウを得たり、問題になるところを挙げて解決しておき、次の機会で受注する。
  • 自社では持っていない加工ノウハウを持つパートナー企業をつくり、お互いに横請け発注をしながら、技術供与を行う。

といったところでしょうか。

これは実際に、過去に私自身が経験してきたことばかりの対応策です。

余談ですが、自社に加工ノウハウがない製品を新規受注する際、その方向性は次の2つがあると思います。

  • がんばって受注し、納期という制約の中で、技術を確立しながら製品をつくりあげる。うまく成功すれば、売上はたつ。
  • 今回は受注を断ることでリスクを避け、練習といつ形でテスト加工をしながら時間をかけて加工技術を得る。ただし売上は立たない。

最後になりますが、連関図を使って「なぜ?」でブレークダウンし、課題となっている

原因を掘り下げれば、対策を考えやすくなります。

私のようなコンサルタントの立場からしても、問題を整理して、いろいろな対策案を提案しやすくなるというわけです。

なかなか会議が結論に達しないなどの課題のある企業様はぜひ、自社の会議やミーティングで活用してみてください。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

ホームページの技術コラム本の第4巻が発売されました!

第4巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

【改善・管理の上級編】セミナー動画DVDが発売中です

セミナーDVDの販売について

過去に大手セミナー会場で、代表コンサルタントが講師として登壇した内容をZOOMで再収録しました。

内容は、加工や管理における上級コースとなります(基礎知識はすでに持っておられる方向けになります)

DVDですので、いつでも何人でも受講でき、長時間一気に受講する必要もありません。隙間時間を有効に使って受講できます。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

YouTubeを使った上級セミナーを配信中です

配信セミナー

金型メーカー・部品加工メーカーにおける、個別テーマ上級セミナーを配信しております。

YouTubeによる動画配信ですので、ネット環境があればいつでもどこでも視聴できます。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

「金型メーカー・機械加工業のための管理職育成マニュアル」発売中です

管理職育成マニュアルの表紙

当サイトの管理職育成ルームに掲載しているコラムを集めて編集したものになります。

金型メーカーや機械加工メーカーで、新たに管理職になられる方や、すでに管理職としてお仕事をされている方向けに、ストーリー形式で、心構えから具体的に取り組む業務内容まで、幅広くまとめております。

くわしくは、こちらのページからどうぞ。

【お安くものづくり補助金を申請したい方へ】お役立ちサポート

このたび、ものづくり補助金制度において、あまりにもコンサル会社等への報酬・料金が高額なために申請したくても申請できない・何度かチャレンジしたが採択されないといった企業向けに、成功報酬なし・着手金のみ(毎月1社限定)で、申請をサポートすることにしました。

昨今の補助金申請が報酬価格の高騰によってビジネス化しており、本来の主旨である中小企業のサポートの本筋からズレているのではないかという考えから、普段のコンサルティングの合間を縫って、毎月1社限定で、格安で申請をサポートしているものです。

詳しくは、こちらのページからご覧ください。

「金型メーカー・機械加工業のための自己診断ハンドブック」が発売されました!

自己診断ハンドブックの販売

私がコンサルティングの初回訪問時や、無料診断サービスにおいて、訪問先企業の製造現場で確認する項目を解析付きで紹介しています。

金型メーカーや部品加工メーカーに皆さまに、自社をセルフチェック自己診断)するために使っていただければと思っております。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

ミドルマネジメント層向け人材育成セミナーのレジュメを販売いたします

セミナーレジュメの表紙

ミドルマネジメントの人材育成のテーマで、講演をさせていただいた際に作成したレジュメ(当日映写したパワーポイントファイルと同じものです)を販売いたします。

日程や生産管理、品質管理だけが幹部・管理職の仕事ではありません。儲けるためのマネジメントが必要です。

そういった視点や意識を持ってもらうためのきっかけとしてオススメの一冊です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる