MENU

初級~中級向けCAMオペレーターのスキル確認シート

2020 5/14
目次

CAMオペレーターのスキル確認シート【初級~中級向け】

今回は、何社かのクライアント企業で使用した、CAMオペレーターを対象にした現状スキルを確認するチェックシートをご紹介します。

下図のものが実際に使用したものになります。内容としては、3D形状加工のCAM作業に限定しており、ドリルなどの穴加工などは対象に入っておりません。

CAMオペレーターのスキル確認シート1
CAMオペレーターのスキル確認シート2

項目の括りとして、モデリング・削り方・CAM実務・加工条件・マシニング知識・CAM知識・エンドミルに分けてスキルを確認できるようになっています。

また、それぞれの項目に対する自己採点の選択肢については、点数にすると具体性がなくなるため、個別に言語で選択する方式になっています。

私としては今回の内容は、初級から中級の間だと思っており、全ての項目で一番右に丸がつけば、中級レベルのCAMオペレーターだと思っています。

これを見ていただいたCAMオペレーターの方がしましたら、ご自分の結果はいかがでしたでしょうか。

今回の項目はどちらかというと、加工品質を得るために必要となるスキルがほとんどで、さらに上級者向けとなると、必要な加工品質を得ながら、早く削れる・CAM操作も早いといった「効率性」が加わってきます。

効率性に関する項目は、今回のような共通横断的なスキルではなく、個別の技とか操作、仕組みになってきますので、今回のようなチェックシートで確認ができるようなものではないと思っています。

いずれにおきましても、私が診断させていただく中では、今回の項目において、全ての項目で一番右に丸がつく方はそうそういらっしゃらないので、もし参考にしていただけるのであれば、まず全ての項目で満点を目指されてみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

もし項目の内容に疑問点があれば、お気軽にご連絡いただければご説明いたします。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

ホームページの技術コラム本の第2巻が発売されました!

第2巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

   

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

【期間限定】専門プロによる無料の現場診断サービス

「うちもいっぺん見てもらおうか」
御社の製造現場を、金型・部品加工業専門のプロ・コンサルタントの目線から一度、無料の健康診断を受けてみませんか?
詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

   

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

目次
閉じる